防衛防災広報隊-陸自調査団・分室-

自衛隊を中心に、防衛・防災に関連する内容を掲載しています。 自衛隊での駐屯地創立記念や航空祭、消防や警察、海上保安庁も含む防災訓練などについてもふれていきます。

災害派遣

2016年は災害に対する自衛隊派遣が多い年でした

20170111saigai_haken_08

2016年は実に災害が多かった年だったと感じています。

北朝鮮の弾道ミサイルや、多数の大学生が犠牲となった観光バス横転事故など
人災によるものも多く起こりました。

その中でも最も日本中に衝撃的が走ったのが、
4月14日(木)の21時すぎに発生した「熊本地震」だと思います。
<2016年に発生した主な大規模災害一覧(総務省・消防庁)>

20170111saigai_haken_04

この熊本地震には全国から、救助や支援のために応援が向かいました。
自衛隊も同様で、北海道の駐屯地からも陸路で支援に駆けつけました。

熊本地震の最大の被害は、耐震住宅も2度目以降の大きな揺れで倒壊した事です。
これにより、自宅へ戻らずに車の中で車中泊をする方が増えました。

車中泊により同じ姿勢を続けた事で、エコノミー症候群になり
体調をくずしたり亡くなる方もいました。

20170111saigai_haken_01

被災された方々への支援としても、自衛隊は派遣されました。

野外入浴セットでの入浴支援、野外炊具による温かい食べ物の提供など。
ですが、隊員達は調理された食事は取っていません。

あくまでも「任務」として食事を作り提供しているため、
缶詰やレトルトなどの糧食で任務にあたっていました。
報道などではなかなか伝えられないため、知っていてほしいです。

20170111saigai_haken_02

地震以外にも11月から12月に掛けて、
全国に「鳥インフルエンザ」が猛威を振るいました。

韓国では対応の遅れにより2017年1月時点で、
3000万羽以上が殺処分されました。

渡り鳥を媒介とするため、日本にも鴨などの水鳥と共にやってきました。

20170111saigai_haken_03

鳥インフルエンザに感染した養鶏場のニワトリは殺処分しかありません。
放っておけば感染が広がり、最悪パンデミックでより取り返しがつかなくなります。

鳥インフルエンザと確認された時点で、市町村職員が対応を始めます。
ここからはいかに早く処理できるかで、感染拡大を止められるかが決まります。

しかし職員だけでは足りないため、自衛隊も災害派遣されます。

20170111saigai_haken_05

まず、11月に新潟と青森で鳥インフルエンザが確認され、
合わせて30万羽以上が殺処分されました。

早い対応でしたが、12月には北海道でも見つかり、宮崎、熊本へと。
各地域の駐屯地から旅団や師団規模で、多くの隊員達が活動しました。
時間が勝負なので、24時間体制で行っていました。

様々な自衛隊による災害派遣は、今でも防衛省サイトで見られます。
<自衛隊による災害派遣は防衛省お知らせから>

20170111saigai_haken_06

自衛隊にはUH-1などの航空機に搭載できる「映像伝送装置」があります。
画像の機体側面に付いている装置がそうです。

これまでも東日本大震災や茨城県洪水にも使われています。
2016年も熊本以外にも、10月の阿蘇山噴火の観測、
12月に発生した新潟の糸魚川市での大火でも使われています。

赤外線搭載のため昼夜に関係なく、リアルタイムで映像を伝えられます。
リアルタイムの映像がテレビ中継されたのは驚きました。

20170111saigai_haken_07

自衛隊の最も重要な任務は「国防」だという事は忘れてはいけません。

しかし、世界的に自然災害は増える傾向にあるため、
自衛隊の活動範囲は広がっていくのでしょう。

自衛隊の活動や任務への理解も、同じように広がればと願っています。



陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




熊本地震への自衛隊活動内容|松戸駐屯地

20160426kumamoto_haken_1

2016年4月14日(木)21時26分頃に、
九州の熊本を中心としてM6.5の地震が発生しました。

その後も、余震、本震と4月26日現在でも地震は続いています。

全国の陸海空自衛隊、消防、警察、海上保安庁、米軍など、
多くの機関から災害派遣へと向かいました。

今回は、松戸駐屯地広報班から写真提供を頂いた、
陸上自衛隊 松戸駐屯地の活動内容をお伝えします。

20160426kumamoto_haken_2

九州にも多くの陸上自衛隊の駐屯地が所在します。

松戸からは、4月16日(土)に第一陣として、
第2高射特科群長以下約200名(松戸以外も含む)が出発。

水、機材などを3t半大型トラック等に搭載して前進しました。

大分の日出生台演習場到着後に、
19日(火)から人命救助を開始しました。

20160426kumamoto_haken_3

4月17日(日)には、指揮や調整人員も不足のため、
西部方面総監部と陸上幕僚監部へ幹部隊員が出発。

こちらは、民間機で福岡空港へ10名向かわれました。

20160426kumamoto_haken_4

やはり、捜索も難航して被災者支援のため、
順次人員が送り込まれます。

4月19日(火)には、関東補給処松戸支処から10名
九州補給処へ増員として民間機で移動します。

17時頃に駐屯地を出発しますが、同日には到着しています。

20160426kumamoto_haken_5

被災地へ派遣される隊員方だけでなく、在駐される方達も、
夜遅くまでスケジュール調整や連絡などを行っています。

裏方で縁の下の力持ちとして、目に触れない所でも頑張っています。

20160426kumamoto_haken_6

被災地では捜索が続く中、
被災者への食料、給水などの支援も必要になります。

松戸は需品学校が置かれ、後方支援の教育も行われる専門集団です。

20160426kumamoto_haken_7

4月19日(火)には、需品教導隊長以下約20名が、
野外入浴セットを搭載して向かいます。

20160426kumamoto_haken_7_3

屋外でお風呂に入れる装備品で、
1日に約1200名、一度に30名のが入浴できます。

シャワーなどの洗い場も設置され、実際には天幕で覆われます。

そのため、女性でも安心して入浴する事ができます。

20160426kumamoto_haken_7_2

需品教導隊は、熊本の健軍駐屯地へ向かいます。

派遣される隊員達へ、今回の任務内容を伝えます。

20160426kumamoto_haken_8

準備を整えて、野外入浴セットを搭載した車両は、
18時45分頃に健軍駐屯地へ向けて出発しました。

20160426kumamoto_haken_10

陸路を移動して来た需品教導隊は、
4月21日(木)16時頃に、熊本の健軍駐屯地に到着します。

20160426kumamoto_haken_9

健軍駐屯地で補給を受けて、派遣地域へ向かいます。

需品教導隊は、健軍駐屯地から約38kmの距離にある、
山都町へ向かい支援を行います。

20160426kumamoto_haken_11

4月22日(金)に駐屯地を出発した需品教導隊は、
同日9時頃に山都町役場に到着しました。

この町役場から移動して、約1.8kmの場所にある、
矢部保健福祉センター千寿苑に11時30分頃到着。

20160426kumamoto_haken_12

到着してすぐの同日11時40分から、
野外入浴セットによる仮設入浴場の設営を開始します。

右奥に見えるのが、牽引してきたトレーラーで、
ボイラーやポンプなどを搭載しています。

20160426kumamoto_haken_13

そして同日の20時頃から入浴が可能になりました。

男湯、女湯、それぞれを設置して、
熊本に「松戸の湯」がオープンしました。

20160426kumamoto_haken_14

山都町のホームページでも4月23日(土)から、
入浴可能と告知されています。

<山都町サイトの入浴支援告知>

20160426kumamoto_haken_15

13時~20時までの間で入浴が可能です。

水タンクは無限では無いため、入浴に必要な水の確保は、
山都町が管理している消火栓から取水しています。

この様な支援活動を、全国の陸海空自衛隊が行っています。

現地でなくても、自衛官の方を見かけたら、
様々な支援活動を行っていのだと思ってみて下さい。



陸上自衛隊応援サイト

「陸自調査団」




Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは

「リフォームにゃんぷ~さん」




アクセスカウンター

    最新トラックバック
    livedoor プロフィール
    • ライブドアブログ