防衛防災広報隊-陸自調査団・分室-

自衛隊を中心に、防衛・防災に関連する内容を掲載しています。 自衛隊での駐屯地創立記念や航空祭、消防や警察、海上保安庁も含む防災訓練などについてもふれていきます。

陸上自衛隊 広報センター

陸上自衛隊 朝霞駐屯地「観桜一般開放」が行われました

20170405asaka_blo_01

4月になると各駐屯地や航空基地で、創立記念行事が多数開催されます。
自衛隊施設敷地内には、多くの「桜の木」が植樹されています。

この時期に創立記念を行わない場所でも、「観桜一般開放」が行われたりします。

そんな観桜イベントの中で、4月1・2日(土・日)の2日間行われた、
「朝霞駐屯地 観桜一般開放」へ行きました。

朝霞の創立記念行事は一般公開しないので、
夏祭りと観桜でしか駐屯地施設内へは入れません。

20170405asaka_blo_02

りっくんランドイベント関連で入れても、敷地内の撮影は不可です。
なので、この方向からのりっくんランドも、なかなか貴重なものです。

朝霞駐屯地は「東部方面総監部」があるためか、
敷地内へのセキュリティーチェックは厳しいタイプでした。

飲み物の一口飲むチェック、ゲートとハンディーの金属探知機と手荷物検査。
中央観閲式のチェックと同じ位、徹底した内容でした。

20170405asaka_blo_03

手荷物検査を終えると、東京地方協力本部のテントが見えました。
実は、朝霞駐屯地内に東京地本の事務所もあります。

満開でなありませんでしたが、まとまって咲いている箇所は綺麗です。
敷地内には約2000本の桜があるそうですよ。

20170405asaka_blo_04

輸送車両が多数駐車している場所が見えてきます。
3t半トラックが連なっている様子は圧巻です。

輸送学校も朝霞にはあります。
りっくんランドイベントで見学できる時もあります。

朝霞自動車教習所と書かれた教習車(白い乗用車)も停まっていました。

20170405asaka_blo_05

この通りが満開だったら、とても美しかったでしょう。

逆に、咲いている場所を見つける楽しみがあって、
これはこれでよかったかなとも思っています。

20170405asaka_blo_06

2001年に発足した、陸上自衛隊の技術研究を行う研究本部です。

「GRDC:Gsdf・Research・Development・Command」との、
エンブレムが入り口に掲げられています。

20170405asaka_blo_07

研究本部隊舎をすぎると、なんとも美しい「桜のトンネル」が見えてきます。

今回、私はこの道が最も綺麗だったと感じました。
そして、この道を抜けた所に、興味深い車両が見えてきます。

この画像でも少し「白い車両」が見えるかと思います。

20170405asaka_blo_08

この車両も朝霞にいる、特別な部隊保有の装備です。
朝霞駐屯地には「第102不発弾処理隊」と呼ばれる部隊がいます。

工事現場等で、戦時中の爆弾や砲弾が見つかる時があります。
テレビの報道やニュースで聞く機会もあるかと思います。
この部隊が不発弾を、迅速かつ安全に処理してくれるのです。

2016年に吉井分屯地で、不発弾処理訓練展示を行いましたが、
その時に訓練展示してくれたのがこの「第102不発弾処理隊」です。

20170405asaka_blo_09

不発弾処理隊の隊舎近くには、戦時中の爆弾や砲弾が展示されています。
ここも観桜イベントで見学できるとは思っていませんでした。

真ん中の緑のボディーのやつは、米軍の「16インチ艦砲弾」です。
こんなに大きな砲弾が飛んでいく姿を想像するだけで凄いです。

不発弾処理を行う部隊は、「武器科」という職種に入ります。

20170405asaka_blo_10

ファミリーマートが入っている、厚生センターが見えてきました。
入り口の看板は小柄な方と同じ位のサイズがあります。

朝霞の厚生センターは充実していてファミマ以外にも、
薬局やグッズショップ、スポーツショップなどが入っていました。

どのお店も駐屯地ならではの品揃えで、来店する方々で大人気でした。
もし行く機会があったら、好きな人はワクワクすると思います。

20170405asaka_blo_11

りっくんランドイベントで行われる「朝霞駐屯地見学ツアー」。

最近のこのイベントで、見学対象になっている所があります。
「東部方面指揮所訓練支援隊」という部隊を見られます。

その部隊管轄の「戦闘シミュレーター」がありました。
道沿いの案内看板も、なんとも興味深いデザインでしたが、
建屋自体の入り口デザインも負けてはいません。

ゲームセンターみたいと言ったら、怒られそうですが。

20170405asaka_blo_12

こちらのエリアも比較的、咲いている桜が多く見られました。
しかし、あの黄色い規制線から奥は行けなかったのは残念でした。

画像の野外手術システム車両周辺が満開です。
右の白と青の車両は、隊員の健康診断のための車両の様です。

20170405asaka_blo_13

この通りですが、手前には「琵琶湖」との道案内があります。
そうです、朝霞駐屯地名物の「琵琶湖」がこの先にあります。

左の隊舎前の桜も美しいですよ。

20170405asaka_blo_14

琵琶湖手前に規制線があったため、遠くからしか見られませんでした。
テーブルベンチも見えるので、お弁当を持って見学できたらいいな~。

この「琵琶湖」ですが、ボートなどの訓練にも使用される様です。

朝霞駐屯地が陸軍予科士官学校以前に、東洋一のゴルフ場でした。
その時のコースにあった「池ポチャエリア」の名残でもあります。

20170405asaka_blo_15

士官学校当時の貴重な建物である「振武台記念館」

りっくんランド申し込みで誰でも見学できますが、
この日はこちらから自由見学可能になっていました。

内部撮影できないのは同じですが、
時間制限無くの見学はゆっくりと見られて良かったです。

陸上自衛隊 広報センターサイトから、見学の詳細をご確認下さい。
【りっくんランド振武台見学詳細リンクはこちら】

20170405asaka_blo_16

4月1日(土)現在でも広報センターからは、装備品と桜を併せて見られます。

4月6日(木)の公式サイトお知らせでは、
「りっくんランドは桜満開」と紹介されています。

桜が散ってしまう前に行ってみて下さい。

20170405asaka_blo_17

広報センター・りっくんランドは、入り口装飾も桜が満開です。

広報の方々が季節に合わせて飾り付けています(隊員の方々の手作り!)。
少し前には「節分の鬼」や「ひな祭り」で飾られていました。


陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




陸上自衛隊 広報センター「自衛隊と映画展」が開催!

jgsdfcp_movie_1

陸上自衛隊 広報センター・りっくんランドは、入り口やエントランスから
サンタひよこ隊長や雪の結晶で、クリスマスの装い変わっています。

隊員の方々の手作りで、親しみと温かさを感じます。

jgsdfcp_movie_2
 
りっくんランド館内も所々、クリスマス装飾が施されています。

広報センター入り口外の掲示板には、これから行われるイベント告知があります。
今回、来館したのは企画展の「自衛隊と映画展」を見学します。

jgsdfcp_movie_3

りっくんランド2階には、資料閲覧や学習を行う研修室があります。

期間限定の企画展なども行われる場所で、
自衛隊とオリンピックなども行われた事もあります。

研修室手前の机では、ツアーなどの人数限定企画の募集用紙を記入できます。

jgsdfcp_movie_4

研修室に入ると、奥の壁側で「自衛隊と映画展」の展示があります。
2016年11月26日(土)~12月25日(日)までの期間で開催されています。

自衛隊が映画製作に関わる規定や、
協力により製作された映画一覧がパネルで展示されています。

ガラスケース内では、映画で使用された実物などがあります。

jgsdfcp_movie_5

「自衛隊による映画協力の根拠」として、
自衛隊の広報活動に効果があるのかを、規定した内容が記載されています。

広報活動は映画だけでなく、テレビや新聞などの報道機関への取材協力や、
町のお祭りなどへの協力や、駐屯地施設見学も含まれます。

jgsdfcp_movie_6

映画製作などの要請に協力する実施担当官は、陸上自衛隊では
方面総監・師団長・旅団長・中央即応集団司令官・研究本部長が当たります。

担当官が要請を受けて、自衛隊への広報活動として効果があり、
訓練や業務に支障が無いと判断された場合に、防衛大臣の承認を得て行われます。

jgsdfcp_movie_7

その判断基準として、防衛省以外に協力できない内容(戦車や戦闘機の使用など)
である事や、教育訓練を兼ねて実施できるかに限られます。

漠然と判断するのも難しいので、「映画協力格付け表」で規定があります。

A・B・C、とランク付けされ、広報に有意義となるA判定、B判定の場合協力します。

jgsdfcp_movie_8

協力する際にも、その教育訓練などに、支障が生じない範囲でないとダメです。

協力内容として、訓練の取材、施設や物品の使用、技術指導、防衛省製作映像使用
になっていて、防衛機密保全も十分に行わなければいけません。

協力映画一覧でも、1964年製作の映画から多くの協力されています。

jgsdfcp_movie_9

2016年12月時点で、最も新しい映画協力は「シンゴジラ」ですね。

予告などの紹介映像やポスター、撮影風景なども展示されています。

自衛官募集ポスターとしても、シンゴジラが使われているものも製作されています。

jgsdfcp_movie_10

シンゴジラ以外の、今まで公開された映画DVDも一部展示されています。

私も知らなかった映画や、見た事があるものまで様々です。

DVD展示の上段には、映画で使われた実物もありました。

jgsdfcp_movie_11

机上表札隣には、菅野美穂さん主演で2000年公開の映画で使われた、
貴重な名札の実物も見られました。

DVDパッケージでは、初々しい菅野さんの姿がありました。

jgsdfcp_movie_12

隊員の方により製作された、シンゴジラのミニチュアも展示されています。

戦車小さいなと感じると思いますが、
100mを越えるシンゴジラと比べると、比率はこの様になります。

jgsdfcp_movie_13

ゴジラを防衛ラインで食い止める、ヤシオリ作戦が思い出されます。
シンゴジラを見た方も、見てない方も雰囲気を味わって下さい。

奥の映像に映るゴジラの咆哮と合っています。

jgsdfcp_movie_14

りっくんランドへ来館した際には、2階研修室へ足を運んでみて下さい。

研修室だけでなく、気付かない内に展示が変わったり、増えていたりもします。

jgsdfcp_movie_15

屋外展示の、無人観測システムFFOSも観閲式に出張していましたが、
定位置の展示台へ帰って来ています。

夕方や少し暗くなったりっくんランドも、ライトアップで装備品も雰囲気が変わります。

週末など、お時間がある時などに行ってみて下さい。


陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




2016年8月20日(土)「軽装甲機動車体験搭乗」実施

20160825LAVride_1

2016年8月20日(土)に、陸上自衛隊 広報センター りっくんランドで、
「軽装甲機動車 体験搭乗」が行われました。

朝から強い雨が降っていましたが、10時前から広報センター前には、
開館を待つマニアや親子連れが列んでいます。

20160825LAVride_2

10時の開館と同時に、受付も開始されます。

雨であっても、自衛隊車両の体験搭乗が人気である事が伝わります。

20160825LAVride_3

本日の乗車車両は、広報センター前に展示されている、
「軽装甲機動車」通称LAVです。

りっくんランド前に車両は、イラク復興支援などの海外使用です。
車体上部の防弾板とワイヤーカッターの追加が特徴的です。

20160825LAVride_4

入館して屋内イベントホールで受付を行います。

ホール右奥で乗車時間と号車を割り振ってもらい、
時間10分前になったら、左奥の規制線内で座って待ちます。

20160825LAVride_5

全20便・10分間隔で、2両のLAVにより運行します。

10時到着でも、第9便の午前最終便になりました。
午前中に乗車できて、良かったです。

20160825LAVride_6

受付後に、乗車時間まで館内を見て周ります。

再塗装された屋外展示も、雨に打たれています。
雨は暴風になったり、小雨になったりを繰り返しています。

20160825LAVride_7

11時50分から体験搭乗に行ってきました。
一気に雨が止んで、濡れないで車両に乗車。

朝霞駐屯地の敷地内へ入るため、入門証を首から下げます。
駐屯地内は、秘密がいっぱいなので、撮影はできません。

乗車後に許可をもらい、車両の外観撮影。

20160825LAVride_8

練馬駐屯地の第1普通科連隊の車両です。
隊員の方々も練馬から来ていて、先程までの雨で、びしょ濡れです。

駐屯地内の主要施設の説明も、隊員の方が行ってくれました。

20160825LAVride_9

私の乗車した後方の車両と、前方では仕様が異なります。

1号車には、防弾板とワイヤーカッターが搭載。
広報センター入り口の海外仕様のタイプです。

20160825LAVride_10

ワイヤーカッターは畳まれていますが、搭載されています。

2種類の仕様で来てくれた事のが、粋なはからいに感じます。
自衛隊好きな人は気付いたでしょう。

20160825LAVride_11

駐屯地敷地から戻り、体験搭乗終了です。

朝霞駐屯地内には、オリンピックにも出場する隊員が練習を行っている、
自衛隊体育学校があり、横を通過しました。

20160825LAVride_12

2階実習室には、リオオリンピック出場選手と結果が掲示。

10日と体験搭乗前日19日に、それぞれ銅メダルを獲得しています。
水泳 江原選手と、50km競歩 荒井選手、おめでとうございます。

他の選手もお疲れ様でした。
50kmを競歩って、考えただけで過酷だな。

20160825LAVride_13

最近、「シン・ゴジラ」を観に行きました。
だからと言う訳ではありませんが、
ゴジラ自衛官募集ポスターが、気になってました。

広報センター2階で発見!
実物は初めてで、探していたのではないので、見られて幸運でした。
この場所が分かる人は、探してみてね。

20160825LAVride_14

体験搭乗後に、また雨が降り始めました。
厳しい訓練を行っている自衛官なので、雨程度でイベントは中止しません。

雨でも、傘を使用せず、屋外で誘導されている方もいました。

20160825LAVride_15

りっくんランドでは、次回、「高機動車 体験搭乗」を行います。

軽装甲機動車は最大3名での試乗でしたが、
高機動車は後部に向かい合わせ席があり、多くの方が乗れます。

2016年9月19日(月・祝)に、
10時から受け付け、10時30分開始で、先着170名です。
定員次第終了となりますので、早めに来館して下さい。

<陸上自衛隊 広報センターサイト>

敬老の日なので、祖父母と共に試乗してもいいかもね。



陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署


サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」



陸上自衛隊 広報センター「サマーコンサート」を開催しました

20160817summer_c_01

2016年8月11日(木)、初の山の日であるこの日、
陸上自衛隊 広報センター「りっくんランド」で音楽演奏会が行われました。

東部方面音楽隊による、夏の「サマーコンサート」です。

20160817summer_c_02

前回の「第12音楽隊 ファミリーコンサート」では、
イベントホールの空調が故障、窓も半分開閉機能故障でした。

音楽隊の熱気の伝わる熱い演奏が感じられて、
それはそれで良かったかと思います。

サマーコンサートは10時30分開場で、
開場前には結構な方々が列ばれていました。

あと、リオ・オリンピックで水泳800mリレーにおいて、
江原2曹が銅メダル獲得との報告がありました。
自衛隊からメダリスト! おめでとうございます。

20160817summer_c_04

11時開演で、最初に広報センター長による挨拶。

そして、東部方面音楽隊のフルバンド40名が入場!
フルバンド演奏会は、このホールの規模で聴くと
距離感ともに圧巻に感じられます。

広報センターならではの体験の一つだと思っています。

20160817summer_c_05

入場・着席と同時に、1曲目「ディズニー・ファンテリュージョン」

演奏が終わり、サマーコンサートでの司会により、挨拶と紹介を行います。

20160817summer_c_06

ダンディーで渋い感じの、この方が指揮を行う、東部方面音楽隊 隊長です。

堂々としたキレのある、カッコいい指揮を行われます。

20160817summer_c_08

私が今回、このコンサートに来て1番良かったと感じた曲。
2曲目「花束を君に/宇多田ヒカル」、朝ドラ/とと姉ちゃんの曲です。

歌唱を行われた、陸士長の歌声に感動しました。

現在の宇多田ヒカルに近い歌声で、深みがあって好きな声質です。
最近では、東部方面音楽隊の歌姫としても、少しずつ知られる様になりました。

東部方面音楽隊「花束を君に」
https://www.youtube.com/watch?v=XWvHglnFthA

youtubeで編集した映像がありますので、一度聞いてみて下さい。

20160817summer_c_09

3曲目「動物戦隊ジュウオウジャー」
演奏開始と共に、会場に来ていた、子供達が興奮していました。

4曲目「ユーミン・ポートレート」
松任谷由実さんのメドレーで、先程と変わり大人たちが聞き入っています。

20160817summer_c_07

5曲目「カーペンターズ・フォーエバー」
カーペンターズのメドレーで、もっと大人の方々が聞き入る曲目です。

6曲目「マンボ・メドレー」
マンボの曲をメドレーでお届けし、会場が興奮する感じでした。

20160817summer_c_10

演奏終了後に、アンコール曲を披露。
行進曲を演奏して、サマーコンサートが閉演しました。

約40分間の演奏で、サックスソロなどもカッコ良かった。

20160817summer_c_11

本当に、この距離でのプロによる演奏は楽しいです。
ライブハウスでの雰囲気を、無料で聴く事ができます。

また、次回、演奏会がある時は、行かれてみて下さい。

20160817summer_c_12

会場を後にした、東部方面音楽隊。

沢山の演奏機材を2両のトラックで運びますが、
東部方面音楽隊は、ここ朝霞駐屯地にいる部隊です。

演奏を行った隊員の方々は、白い演奏夏服から着替えて、
徒歩で駐屯地内へと帰って行かれました。

多くの方々に聴いてもらいたいと思います。




陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署


サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」



2016年 広報センター サマーフェア開催|FH-70と体験喫食等

20160727summerF_21

陸上自衛隊広報センターでの「サマーフェア」
今回は、他イベント内容等を紹介していいきます。

前回、展開展示された「155mm榴弾砲 FH-70」です。

展開時は後方から紹介しましたが、こちらは前方側面です。

創立記念行事等の装備品展示では、この状態で見る機会もあるでしょう。

20160727summerF_20

FH-70の砲弾・装薬を装填する部分です。

砲弾装填後に鎖栓(装填部の蓋)を閉じて射撃します。
射撃後に、鎖栓が反動で自動開放されて、次の射撃態勢になります。

20160727summerF_21_2

FH-70の155mmH砲弾と、火砲への装填時に砲弾をつかむ器具です。

擬製弾ですが、約35kgもある重量物です。

通常弾で、約24kmの射程のある火砲がFH-70です。

20160727summerF_21_3

左の装薬筒は内部が空洞で、
そこへ右の4・5・6・7番の表記のある装薬を入れます。

棒状で擬製ですが、実物も同様の形状です。

この装薬の組み合わせを調整して、目的の射程へ投射します。

20160727summerF_22

15時までの装備品展示のため、北富士への帰投準備が始まります。

これが、照準などに用いられるパノラマ眼鏡です。

20160727summerF_23

精密機器なので、走行時には取り外します。

取り外す様子も初めてでしたが、専用箱への収納も見れました。

20160727summerF_24

射撃展開と逆の動作を行って、牽引・自走形態にします。

何回も展開動作が見られるのも良かったです。

20160727summerF_25

そして、自走できる状態になりました。

FH-70にはロープなどの動作に必要な器具を、収納する場所があります。

無駄な箇所のない洗練された作りが、
装備品の工業製品としての美しさです。

20160727summerF_26

牽引してきた車両へ、擬製弾などを搭載します。

先ほどの擬製砲弾も担いで持っていきます。

持ち上げる様子からも非常に重く感じました。

20160727summerF_27

補助動力を始動させて、自走により屋外広場から離脱します。

2名乗車して、火砲両側と後方の1名が安全確認しながら走行します。

20160727summerF_28

広報センターから、朝霞駐屯地内へ移動していきます。

駐屯地側で、3t半トラックに牽引して帰っていきました。

隊員の方々、お疲れ様でした。

20160727summerF_29

広場と第2駐車場の間で、野外炊具がカレーの調理を行いました。

こちらも、牽引されて広報センターから離脱します。

20160727summerF_30

もちろん、カレーライスいただきました。

結構、終わりまで残っていました。

カレーの奥には、FH-70展示が見えるかと思います。

20160727summerF_31

季節イベントなどで行われる「缶バッジ制作」

イベントの良い記念にもなりますし、
自分で専用制作機で作れるのも楽しい所です。

100円で、多数デザインから3種類作る事ができます。
イベント時には、日付入のデザインも用意されています。

一度、何かのイベントで行く機会のある方はやってみて下さい。
売店サクラでチケット購入して作れますので。




陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




アクセスカウンター

    最新トラックバック
    livedoor プロフィール
    • ライブドアブログ