防衛防災広報隊-陸自調査団・分室-

自衛隊を中心に、防衛・防災に関連する内容を掲載しています。 自衛隊での駐屯地創立記念や航空祭、消防や警察、海上保安庁も含む防災訓練などについてもふれていきます。

木更津駐屯地

「陸上自衛隊 木更津駐屯地 創立47周年 第43回木更津航空祭」訓練展示第1部|航空機への弾薬補給

「木更津駐屯地 創立47周年 第43回木更津航空祭」での、
訓練展示 第1部です。

今回は2部構成での訓練展示です。

まず、第1部の「航空機への弾薬補給」についてです。

20151021kisarazu_1

隊員を乗せた 1トン半トラックが補給地点へ現れました。

荷台には弾薬と武装した護衛の隊員が乗車しています。

20151021kisarazu_2

停車して荷台から隊員が降車します。

89式5.56mm小銃を携帯し、周囲を警戒します。

20151021kisarazu_3

トラックから補給弾薬を着陸地点へ運びます。

2名の隊員が「70mmロケット弾」を運搬しています。

抱える姿を見ると、ロケット弾の大きさが分かります。

20151021kisarazu_4

こちらは筒状の物を運んでいます。

「対戦車誘導弾 TOW」です。

発射機に内蔵されているので、弾薬本体は確認できません。

20151021kisarazu_5

これらの弾薬を見てどの航空機へ弾薬補給するのか、
分かってしまったと思います。

「AH-1Sコブラ」が補給地点を目指して現れました。

20151021kisarazu_6

待機する隊員もAH-1Sを確認した様です。

その間も周囲の警戒を続けます。

20151021kisarazu_7

2機のAH-1Sが補給地点へ進入してきました。

20151021kisarazu_8

補給場所へ向けて着陸体勢に入ります。

20151021kisarazu_9

待機する隊員のすぐ側へ着陸します。

着陸時など敵に襲撃されやすいので、常に警戒します。

20151021kisarazu_10

着陸後に速やかに弾薬補給を開始します。

前線から離れた場所でも、補給時がとても狙われやすい状態です。

ロケットポッドへ70mmロケット弾を給弾します。

20151021kisarazu_11

ポッド前方から差し込む様に補給しています。

20151021kisarazu_12

もう1機の機体では「対戦車誘導弾 TOW」を搭載しています。

発射機をTOWランチャーへ固定しています。

20151021kisarazu_13

ランチャー後部を下げて、そこへ発射機を固定しています。

20151021kisarazu_14

補給を行っているすぐ側では警戒する隊員がいます。

警戒する隊員は いち早く異変に気づかなくてはなりません。

とても責任重大な任務を行っています。

20151021kisarazu_15

TOWが搭載されました。

70mmロケットの方も搭載が終わり、補給が完了です。

20151021kisarazu_16

また前線へ向けて飛び立って行きました。

奥には軽装甲機動車が見えます。

この後の展示のため待機しています。

20151021kisarazu_17

弾薬補給でしたが燃料タンク車が横付けして、
燃料の補給を行う事もあります。

固定翼機の様に航続距離は長くありませんが、
平地ならどこでも着陸できるのが、回転翼機の利点です。




陸上自衛隊応援サイト

「陸自調査団」




Twitter「陸自調査団」分署




外壁塗装やサイディング塗替え,修理は

”「リフォーム にゃんぷ~さん」”




「陸上自衛隊 木更津駐屯地 創立47周年 第43回木更津航空祭」開催|連絡偵察機LR-1の航空祭ラスト

20151013kisarazu1

あの日は雨だった!!

2015年10月11日(日)開催
「陸上自衛隊 木更津駐屯地 創立47周年 第43回木更津航空祭」です。

雨の予報で心配されていましたが、予報が当たってしまった。

とりあえず高速バスでアクアラインを通過して、
7時30分頃に木更津駅、そこから徒歩で8時に木更津駐屯地到着。

20151013kisarazu2

雨の中、すでに20名ほどは開門待ちの方々がいます。

その後も路線バスで続々と到着して来ます。

8時30分に開門して駐屯地内を散策と場所取りです。

隊員の方々も雨の中、お疲れ様です。

20151013kisarazu3

航空祭ラストとなる「連絡偵察機 LR-1」も雨に打たれます。

他の航空機地上展示も、ほとんどが格納庫内です。

20151013kisarazu4

FG格納庫では「さようならLR-1展」が開催されていました。

LR-1の背後には数々のパネル写真や
開発資料、模型、機材等が展示されていました。

20151013kisarazu5

三菱重工所蔵の書類や販促チラシなど多数です。

お別れを惜しむ方々がじっくりと見学されていました。

20151013kisarazu6

こちらは開発時の「風洞試験モックアップ」です。

試験時の写真も多く展示がありました。

20151013kisarazu7

9時30分が近づいてきたので持ち場へ戻ります。

ここで雨天時の観閲式会場が違うのに気づき、
急いで DE格納庫へ向かいます。

雨が幸いして、それほど一般見学者が多くなく
前の方で見られました。

20151013kisarazu8

部隊が整い、観閲指揮官、駐屯地司令が入ります。

駐屯地司令登壇により式典開始です。

20151013kisarazu9

巡閲も屋内なので徒歩です。

場所が丁度良かったため、こちらに向かってくる感じです。

20151013kisarazu10

国旗入場や駐屯地司令の祝辞と進みます。

20151013kisarazu11

来賓祝辞も行われ、「佐藤議員」も来場されていました。

「ヒゲの隊長」の佐藤さんです。

式典後に高射学校音楽隊の音楽演奏、太鼓演奏、ラッパ吹奏
が行われましたが、途中で会場を後に。

20151013kisarazu12

格納庫外に動きが見られ始めたためです。

雨も上がって良かった。

AH-1S、救難消防車等の紹介後に
「連絡偵察機LR-1ラストフライト」です。

電源車供給によりエンジンが始動しました。

20151013kisarazu13

1967年に配備されて、木更津駐屯地にあるのが最後の機体です。

三菱重工開発のビジネスジェット「MU-2B」が原型です。

20151013kisarazu14

開発段階から自衛隊配備の要望があり、
偵察カメラ等を増設できる様に作られたとの事です。

滑走路へ向けて走り出しました。

20151013kisarazu15

工場地帯がバックになり、画になります。

20151013kisarazu16

雨上がりで水たまりを跳ね上げます。

水飛沫により迫力が増します。

20151013kisarazu17

滑走を開始しました。

速度を上げていきます。

しかし、飛び立つ事はありませんでした。

20151013kisarazu18

元々、飛ばなかったのか、天候によるものかは分かりません。

午後にこの機体が地上展示されました。

展示パネルには「木更津での展示最後」とあったので、
私は「降下訓練始め」での参加を期待します。

敵機役として参加する年度もありますし、
最終退役は「2016年3月」です。

期待を残して、この後の木更津航空祭も楽しんでいきます。




陸上自衛隊応援サイト

「陸自調査団」




Twitter「陸自調査団」分署




外壁塗装やサイディング塗替え,修理は

”「リフォーム にゃんぷ~さん」”





アクセスカウンター

    最新トラックバック
    livedoor プロフィール
    • ライブドアブログ