防衛防災広報隊-陸自調査団・分室-

自衛隊を中心に、防衛・防災に関連する内容を掲載しています。 自衛隊での駐屯地創立記念や航空祭、消防や警察、海上保安庁も含む防災訓練などについてもふれていきます。

板妻駐屯地

陸上自衛隊 板妻駐屯地 創立55周年記念行事|実施と式典

20170420itazuma55_01

晴天に恵まれた、2017年4月16日(日)
「陸上自衛隊 板妻駐屯地 創立55周年記念行事」が行われました。

静岡県 御殿場市に所在する板妻駐屯地は、
第34普通科連隊第3陸曹教育隊などの普通科部隊中心の駐屯地です。

この日は、まだ雪が山頂に積もっている富士山も綺麗に見えました。

20170420itazuma55_02

8時30分開門でしたが、私は御殿場駅からバスだったので、
8時50分頃に到着いたしました。

入り口で持ち物検査を行った後に入門。
午後のステージイベントで隊員の方も、
「坂道の多い駐屯地」と言う通り、正門から下り坂が続きます。

と言うことは、疲れてくる帰りは上り坂という事ですよ。

20170420itazuma55_03

この画像の左には、式典を行うグラウンドが広がっています。

その横に、また長い下り坂があるのですが、
ここがとても美しい「サクラロード」になっていました。

駐屯地内のサクラは全て綺麗でしたが、
連なって咲いている姿はなんとも言えない感動があります。

20170420itazuma55_04

静岡の駐屯地なので、静岡地方協力本部、通称・静岡地本も来ています。

午前中はパネルでしか見当たりませんでしたが、
午後に「しずぽん」本体に会うことができました。

みかんボディー、お茶っ葉アーム、黒はんぺんレッグ。
そんな地本キャラを、どうぞよろしくお願いします。

20170420itazuma55_05

9時45分頃から式典会場に部隊が入場して来ます。

最初に音楽隊が演奏と共に入場されるのですが、
今回は朝霞から「第1音楽隊」が来場しての演奏です。

それも音楽隊制服ではなく迷彩服です。
富士学校音楽隊とか、近く部隊ではないのだなと思いました。

20170420itazuma55_06

式典会場奥にも多数のサクラが植樹されています。
音楽隊もそうですが、観閲部隊とサクラが合わさっていい感じです。

板妻の「第34普通科連隊」は、約1800名で構成されています。
こちらの「市街地戦闘装備」の隊員達、とてもカッコイイです。

前列で89式5.56mm小銃を構えている方々は、
式典で執行者などが敬礼したり、休めなどを出されても動きません。
警戒監視を徹底した緊張感が伝わります。

20170420itazuma55_07

第34普通科連隊の中で、白い隊旗を掲げる部隊。
彼らは今年度から連隊に配属になった隊員達です。

これから厳しい訓練を重ねて、レンジャーなどにもなっていくのでしょう。
日本の未来を支えるために、頑張って下さい。

20170420itazuma55_08

式典が進み、執行者である「駐屯地司令」の巡閲。

各部隊へ敬礼を行って確認していきます。
駐屯地司令の後続には同じく、
1/2tトラックに「静岡県知事」も搭乗しています。

20170420itazuma55_09

まずは駐屯地司令の祝辞です。
近隣諸国の安全保障や、北朝鮮の問題などの述べられておりました。

続いて、静岡県知事の祝辞でしたが、なんとも興奮した感じでした。
昨年、34連隊がいち早く、熊本地震へ災害派遣へ向かった事や、
板妻の部隊に期待しているなどを、"とてもとっても"熱く語っていました。

最後に衆議院の議員さんが祝辞を行いましたが、
静岡県知事の迫力に押されてしまった感が強かったです。

20170420itazuma55_10

祝電や感謝状紹介後に、「観閲行進」の準備を開始。

観閲行進開始前に、「空挺降下」が実施されます。
実は、板妻駐屯地での空挺降下は"初めて"だそうです。

確かに、私も板妻に何度か足を運びましたが、無かったかなと。
売店エリアには、第1空挺団のブースもありました。

20170420itazuma55_11

UH-1Jからスカイダイビングの様に、自由降下しました。
習志野の自衛隊唯一の空挺部隊「第1空挺団」3名による降下です。

展開された自由降下傘を巧みに操り、式典会場へ近づいて行きます。

20170420itazuma55_12

青空なので、空挺降下もとても栄えて見えます。
太陽がいる辺りから降下したため、非常にまぶしいヽ(+_+)/

航空祭などで航空自衛隊の輸送機から降下して、
直ぐにパラシュートが展開する場合は、空挺傘を使用しています。

20170420itazuma55_13

1名ずつ地上へ降り立ちます。

着地の衝撃は、自身の体重の何倍もの衝撃を受けます。
それをいかに和らげて降りるかが、安全に成功するためには必用です。

降りた後も、風にあおられるなどして気が抜けません。

20170420itazuma55_14

無事、3名とも地上へ到達しました。

空挺降下終了の報告を、式台上の駐屯地司令へ報告。
司令も返礼で了解の旨を伝え、空挺降下が終了。

会場の来場者から、多くの拍手をもらって退場していきました。
この後に観閲行進が開始されます。


陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




2015年4月19日(日)「陸上自衛隊 板妻駐屯地創立53周年記念行事」開催|観閲行進

2015年4月19日(日)に行われた、
「陸上自衛隊 板妻駐屯地 創立53周年記念行事」の続きです。

20150423itazuma_kanetsu1

第1音楽隊が演奏位置に付き、「観閲行進」が開始されます。

先頭には部隊指揮官を乗せた「82式指揮通信車」から始まります。

20150423itazuma_kanetsu2

まず、「徒歩部隊」による行進です。

第34普通科連隊の隊員達です。

89式5.56mm小銃を携行して行進します。

20150423itazuma_kanetsu3

続いて「レンジャー装備」の普通科隊員達です。

89式5.56mm小銃携行で、鉄帽、ゴーグル、防弾チョッキ、パッド等を
フル装備しての行進です。

約10数kgを装備して任務にあたります。

この後の訓練展示でも、この装備で敵に対して前進していきます。

20150423itazuma_kanetsu4

「駐屯地業務隊」による行進です。

こちらは小銃携行に式典参加時の服装"甲武装"で行進します。

20150423itazuma_kanetsu5

板妻駐屯地の「陸曹教育隊」で教育訓練を受けている隊員達です。

襟元の「白いスカーフ」がいずれ、各色へ染まっていくのでしょう。

20150423itazuma_kanetsu6

徒歩部隊に続き、「車両部隊」の行進です。

先頭の「軽装甲機動車」の車両小隊が威圧感を感じます。

20150423itazuma_kanetsu7

軽装甲機動車には、2種類の装備の搭載が見られます。。

こちらは「5.56mm機関銃MINIMI」で、
訓練展示でも軽装甲機動車進入時に射撃を行いながら登場します。

20150423itazuma_kanetsu8

もう一方は「01式軽対戦車誘導弾」です。

小型で車両上部より射撃を行う事ができます。

夜間照準器が付いていて、昼夜を問わずに装甲車両を狙えます。

20150423itazuma_kanetsu9

高機動車に多数の隊員が乗車しています。

その後方には「120mm迫撃砲RT」が牽引されています。

20150423itazuma_kanetsu10

普通科部隊最大の火砲で、車両により牽引されて運用されます。

通常弾でも約8000mの射程を有します。

敵歩兵部隊への攻撃や、
対戦車迫撃砲弾により装甲車両への攻撃も行えます。

20150423itazuma_kanetsu11

1/2tトラック(73式小型トラック)の荷台に、
「87式対戦車誘導弾発射機」を搭載しています。

中MATと呼ばれる誘導弾で、
レーザー誘導により最大2km先の装甲車両を撃破できます。

20150423itazuma_kanetsu12

そして最新の誘導弾の「中距離多目的誘導弾」です。

87式対戦車誘導弾の後継で、新中MATとして配備が進められています。

高機動車に発射から誘導、標定全てのシステムが集約されています。

20150423itazuma_kanetsu13

普通科火力の最後に高機動車に搭載された「81mm迫撃砲L16」です。

個人携行により運搬も行えて、
車両進入が困難な場所でも使用できます。

射程も約5.5kmあるので生存性も高くなります。

20150423itazuma_kanetsu14

車両部隊の最後に「重レッカ」が通過して車両行進は終了です。

20150423itazuma_kanetsu15

観閲行進の最後に航空自衛隊による「観閲飛行」が行われます。

焼津市に所在する「航空自衛隊 静浜基地」からの飛来です。

20150423itazuma_kanetsu16

「T-7初等練習機」2機による編隊飛行です。

白と赤のコントラストが生えます。

5月24日(日)にはこの静浜基地で航空祭が行われます。

<静浜基地航空祭2015詳細サイトはこちら>

観閲行進、飛行後には音楽演奏、ドリル演技へと続きます。



Twitter「陸自調査団」分署


陸上自衛隊応援サイト

「陸自調査団」




外壁塗装やサイディング塗替え,修理は

”「リフォーム にゃんぷ~さん」”




2015年4月19日(日)「陸上自衛隊 板妻駐屯地創立53周年記念行事」開催|観閲式

20150421itazuma1

2015年4月19日(日)に静岡県 御殿場市に所在する板妻駐屯地で、
「陸上自衛隊 板妻駐屯地 創立53周年記念行事」が行われました。

雨も時々降るという予報で、現地は曇り模様です。

20150421itazuma2

8時30分の富士急行で駐屯地へ向かいます。

増便されていて、さほどこの時間では混んではいない感じです。

雲が掛かった富士山を駐屯地内容より見る事ができます。

まだ、雪が多く積もっているように感じられます。

20150421itazuma3

入門してすぐに「橘中佐」の銅像が迎えてくれます。

板妻駐屯地といえば橘中佐が有名です。

隣に立派な史料館もあり、橘中佐の活躍や旧軍の遺品、
自衛隊発足までの歴史など見学できます。

20150421itazuma4

所々にまだ桜が咲いているのが見られます。

部隊入場待の普通科連隊の隊員の方達です。

多くの方達は会場手前から見学していますが、
訓練展示時には味方部隊の背後になり内容が分かり辛くなります。

観閲行進は前方より見学できるので、どちらを取るかが難しいです。

20150421itazuma5

9時40分頃より部隊が入場して来ます。

まずは「第1音楽隊」の入場です。

「練馬駐屯地」に所在する、第1師団所属の音楽隊です。

20150421itazuma6

音楽隊の演奏と共に、各部隊も入場を開始します。

板妻駐屯地に所在する「第34普通科連隊」の各部隊です。

こちらは「レンジャー装備」の隊員達です。

災害派遣装備や教育課程の隊員達も見ることができます。

20150421itazuma7

部隊入場後に、「観閲指揮官」が1/2tトラックで入場します。

整列した部隊へ敬礼を行います。

20150421itazuma8

最後に「観閲式 執行者 駐屯地司令」が入場、登壇して式開始です。

20150421itazuma9

観閲台後方の階段より「国旗が入場」します。

国歌演奏共に「国旗掲揚」が行われ、来場者は国旗を見つめます。

20150421itazuma10

国旗掲揚後に「執行者の巡閲」です。

各部隊を確認して巡閲していきます。

実は国旗入場前に、「静岡県旗」も入場していました。

観閲台を挟む形で国旗と県旗が掲げられています。

20150421itazuma11

「祝辞」が行われます。

1.駐屯地司令
2.衆議院議員 細野豪志議員
3.静岡県知事 代理 副知事

の順で行われました。
選挙期間中で大変ですが、来場する誠意のある議員もいます。

20150421itazuma12

祝電等行われた後に、観閲行進に移行します。

各部隊が観閲行進の準備に入ります。

20150421itazuma13

観閲行進の先頭は「第1音楽隊」です。

音楽隊の行進が終わり、定位置に着くと各部隊が行進を開始します。

この続きは今度紹介します。


Twitter「陸自調査団」分署



陸上自衛隊応援サイト

「陸自調査団」





外壁塗装やサイディング塗替え,修理は

”「リフォーム にゃんぷ~さん」”




アクセスカウンター

    最新トラックバック
    livedoor プロフィール
    • ライブドアブログ