防衛防災広報隊-陸自調査団・分室-

自衛隊を中心に、防衛・防災に関連する内容を掲載しています。 自衛隊での駐屯地創立記念や航空祭、消防や警察、海上保安庁も含む防災訓練などについてもふれていきます。

陸上自衛隊

2016年 広報センター サマーフェア開催|FH-70と体験喫食等

20160727summerF_21

陸上自衛隊広報センターでの「サマーフェア」
今回は、他イベント内容等を紹介していいきます。

前回、展開展示された「155mm榴弾砲 FH-70」です。

展開時は後方から紹介しましたが、こちらは前方側面です。

創立記念行事等の装備品展示では、この状態で見る機会もあるでしょう。

20160727summerF_20

FH-70の砲弾・装薬を装填する部分です。

砲弾装填後に鎖栓(装填部の蓋)を閉じて射撃します。
射撃後に、鎖栓が反動で自動開放されて、次の射撃態勢になります。

20160727summerF_21_2

FH-70の155mmH砲弾と、火砲への装填時に砲弾をつかむ器具です。

擬製弾ですが、約35kgもある重量物です。

通常弾で、約24kmの射程のある火砲がFH-70です。

20160727summerF_21_3

左の装薬筒は内部が空洞で、
そこへ右の4・5・6・7番の表記のある装薬を入れます。

棒状で擬製ですが、実物も同様の形状です。

この装薬の組み合わせを調整して、目的の射程へ投射します。

20160727summerF_22

15時までの装備品展示のため、北富士への帰投準備が始まります。

これが、照準などに用いられるパノラマ眼鏡です。

20160727summerF_23

精密機器なので、走行時には取り外します。

取り外す様子も初めてでしたが、専用箱への収納も見れました。

20160727summerF_24

射撃展開と逆の動作を行って、牽引・自走形態にします。

何回も展開動作が見られるのも良かったです。

20160727summerF_25

そして、自走できる状態になりました。

FH-70にはロープなどの動作に必要な器具を、収納する場所があります。

無駄な箇所のない洗練された作りが、
装備品の工業製品としての美しさです。

20160727summerF_26

牽引してきた車両へ、擬製弾などを搭載します。

先ほどの擬製砲弾も担いで持っていきます。

持ち上げる様子からも非常に重く感じました。

20160727summerF_27

補助動力を始動させて、自走により屋外広場から離脱します。

2名乗車して、火砲両側と後方の1名が安全確認しながら走行します。

20160727summerF_28

広報センターから、朝霞駐屯地内へ移動していきます。

駐屯地側で、3t半トラックに牽引して帰っていきました。

隊員の方々、お疲れ様でした。

20160727summerF_29

広場と第2駐車場の間で、野外炊具がカレーの調理を行いました。

こちらも、牽引されて広報センターから離脱します。

20160727summerF_30

もちろん、カレーライスいただきました。

結構、終わりまで残っていました。

カレーの奥には、FH-70展示が見えるかと思います。

20160727summerF_31

季節イベントなどで行われる「缶バッジ制作」

イベントの良い記念にもなりますし、
自分で専用制作機で作れるのも楽しい所です。

100円で、多数デザインから3種類作る事ができます。
イベント時には、日付入のデザインも用意されています。

一度、何かのイベントで行く機会のある方はやってみて下さい。
売店サクラでチケット購入して作れますので。




陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




2016年 広報センター サマーフェア開催|FH-70展開展示

20160727summerF_01

2016年7月23・24日(土・日)に、陸上自衛隊広報センターで、
夏の恒例イベント「サマーフェア」が開催されました。

屋外展示の装備品も、再塗装されて一段と綺麗になっています。

装備品前を、東部方面隊の、あずま君が歩いています。

20160727summerF_03

今回は、山梨県の北富士駐屯地から「155mm榴弾砲 FH-70」が、
装備品展示のために来ています。

自走形態から射撃形態への展開展示も行われます。

この、自走形態での展示は珍しいです。
創立記念行事でも、訓練展示時に自走で離脱する様子はありますが、
この状態で展示される事はレアです。

20160727summerF_06

野外炊具での体験喫食や、FH-70の砲弾などの展示もありましたが、
今回は、「FH-70の射撃状態への展開展示」を紹介します。

第1特科隊の隊員の方々、5名による展示です。

20160727summerF_07

1名が指揮者のため、実際には展開は4名で行いました。

通常は、8名により運用されるFH-70なので、少人数での実施です。

まず、指揮者の指示により、各隊員が火砲の周囲に配置着きます。

20160727summerF_08

走行時に火砲を汚れから防ぐ、泥除けを下げます。

20160727summerF_09

別の隊員がFH-70の砲脚部に乗ります。

砲身を固定している固定具を外します。

20160727summerF_10

射撃態勢にするために、FH-70を油圧で姿勢を上げます。

補助動力を作動させて、動作を行います。

20160727summerF_11

走行のために、後方に向けられていた砲身を前方へ動かします。

この転換は、ロープを砲身へ掛けて、人力で動かします。

2名で前後を固定して、180度回転させます。

20160727summerF_12

パノラマ眼鏡部の席に座る隊員が、下方を見ながら何かしています。

20160727summerF_13

FH-70中央下部に見える丸い台。

20160727summerF_14

下方を見ながら調整していた隊員は、
この箇所を下げるために行っていました。

地面に接している部分により、
火砲自体を左右へ安定して転回させるための機構です。

20160727summerF_15

たたまれている砲脚部を左右へ広げます。

ロックを解除して、2名がそれぞれ押し広げていきます。

20160727summerF_16

砲脚が、火砲の射撃時の衝撃を後方で支える様に広がりました。

砲脚下部にはまだ、車輪が接地しています。

20160727summerF_17

砲脚下部の車輪を、油圧により上方へ上げていきます。

20160727summerF_18

車輪が上がり、砲脚ブレードが接地しました。

地面に食い込ませる様にして、射撃の衝撃を地面で受け止めます。

20160727summerF_19

155mm榴弾砲FH-70が、射撃状態へ展開されました。

5~10分以内で展開させられる、迅速な行動です。

通常よりも少ない人数でも、迅速な展開が行われました。
これも、日頃の訓練の積み重ねです。

展開展示は以上ですが、他にもイベントは様々行われました。
次回に、紹介いたします。


陸上自衛隊応援サイト

「陸自調査団」




Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは

「リフォームにゃんぷ~さん」





大宮駐屯地 創立59周年記念行事|化学部隊訓練展示・後編

20160609ohmiya_11

2016年6月5日(日)に行われた、「大宮駐屯地 創立59周年記念行事」
中央特殊武器防護隊による、訓練展示の後編です。

高機動車から降車した防護隊員は、
それぞれ異なる装備を装着、携行しています。

20160609ohmiya_12

こちらは、気密防護衣を装着して、携帯生物剤検知器を携行します。

化学物質や、生物兵器を主に検知する目的です。

携行する検知器は、空気中に漂う物質を、
使い捨てカートリッジに採取します。

20160609ohmiya_13

こちらは、化学防護衣にガンマ線を防ぐ、
偵察要因防護セットを装着しています。

鉛が織り込まれたベストを装着して、放射線被爆から守ります。

携帯する検知器は線量率計です。

20160609ohmiya_14

放射能汚染が疑わる場合に使用されます。

放射線を検知して、設定された強度の線量で警報がなります。

放射能汚染が無いかを検知しています。

20160609ohmiya_15

NBC偵察車の後部から、棒状の物が出てきました。

ここからマジックハンドにより、物質を採取しますが、
今回は検知器が出てきた様です。

20160609ohmiya_16

NBC偵察車により、検知が行われました。

散布された物質は毒ガスだった様です。

後部より、GASのマーカーが投下されました。

20160609ohmiya_17

物質特定が完了したので、防護隊員は離脱します。

高機動車に乗車し、帰投して隊員の除染が行われます。

20160609ohmiya_18

検知・特定が完了したので、除染部隊が投入されます。

NBC偵察車はこの場で、周囲を警戒して除染部隊を護衛します。

車体上部の12.7mm重機関銃M2により、警戒監視します。
M2は遠隔操縦銃座に搭載され、車内から動かし射撃できます。

20160609ohmiya_19

除染車3型が4両、進入してきました。

除染車搭乗の隊員も、防護服を着用しています。

20160609ohmiya_20

除染車により、除染が開始されました。

除染車3型の前方、側面、後方より中和剤が散布されます。

側面の散布ノズルは通常、隊員の除染に用いられます。
側面散布を見るのは始めてです。

20160609ohmiya_21

4両の除染車により、汚染地域の無害化が行われました。

この様に、不特定物質により汚染された地域へは、
化学科部隊が安全に対応して、対処していきます。

戦闘展示とは違う、興味深い展示内容でした。



陸上自衛隊応援サイト

「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署


サイディング塗り替え、修理、リフォームは

「リフォームにゃんぷ~さん」




大宮駐屯地 創立59周年記念行事|化学部隊訓練展示・前編

20160609ohmiya_1

2016年6月5日(日)に行われた、「大宮駐屯地 創立59周年記念行事」

式典後に、中央特殊武器防護隊による訓練展示が行われます。

昨年は、普通科部隊の訓練展示もありましたが、
本年は化学科部隊だけの実施でした。

会場に、化学剤監視装置(車載)が2両進入して来ました。

20160609ohmiya_2

2両の化学剤監視装置に、挟まれた場所を監視エリアとして、
400mの間隔を監視範囲とします。

20160609ohmiya_3

化学剤監視装置と共に、NBC警報器も設置されます。

これは、NBC(核・生物・化学)物質を検知すると警報を発して、
本部へ以上を伝える装置です。

20160609ohmiya_4

NBC警報器は、複数台設置する事で、正確に詳細な監視ができます。

今回は2機設置していますが、通常は監視エリアを囲む様に、
多く設置して化学剤発生を監視します。

20160609ohmiya_5

化学剤監視装置も進入後に、監視開始の準備を開始。

手動でハンドルを回して、荷台の装置を昇降します。

監視装置上部にカメラが搭載されています。

20160609ohmiya_6

化学剤や放射性物質など、目に見えない物を空気中を浮遊します。

風の流れにより、目に見えない物質が移動します。

そんな物質を、赤外線などを用いて監視する事で、
危険が及ぶ方向やエリアを伝送するための装置です。

20160609ohmiya_7

監視が開始され、間もなくして工作員が不特定物質を散布!

NBC警報器に反応があり、警報が鳴らされます。

以上を検知した本部は、物質特定を行う防護部隊を出動させます。

20160609ohmiya_8

最初に、核・生物・化学物質への対処・防護能力を持つ、
NBC偵察車が2両、緊急走行で進入して来ました。

防護服着用の隊員も、高機動車で同じく進入しました。

20160609ohmiya_9

NBC偵察車は到着後に、直ちに風向センサー、
化学剤検知装置などを起動させて検知を始めます。

20160609ohmiya_10

高機動車の防護隊員も下車し、検知活動を開始します。

4名の隊員が降車して来ます。

続きは後編で。




陸上自衛隊応援サイト

「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは

「リフォームにゃんぷ~さん」



大宮駐屯地 創立59周年記念行事 開催|記念式典など

20160608ohmiya_1

2016年6月5日(日)に、
埼玉県 さいたま市に所在する、陸上自衛隊 大宮駐屯地で、
「大宮駐屯地 創立59周年記念行事」が行われました。

当日は、朝から雨でしたが、式典頃には曇に変わりました。

20160608ohmiya_2

9時30分に開門して、持ち物検査を通過して入門しました。

中央即応集団の中央特殊武器防護隊や、化学学校のある駐屯地で、
地下鉄サリン事件でも出動した、化学・生物・核兵器専門部隊です。

第32普通科連隊もいて、首都防衛の普通科戦力も担っています。

20160608ohmiya_3

他駐屯地では、なかなか見る機会の少ない装備が多いです。

NBC偵察車は、各駐屯地でも展示の機会が増えました。

しかし、訓練展示や観閲行進に参加する姿は、やはり珍しいです。

20160608ohmiya_4

10時過ぎ頃から式典会場に、本日の音楽演奏を担当する、
陸上自衛隊 第1音楽隊が入場して来ました。

白い夏服を着用して、涼しげな感じがします。

20160608ohmiya_5

会場後方から、式典参加の駐屯部隊も入場します。

化学科部隊、普通科部隊など、小銃携行で進入します。

20160608ohmiya_6

部隊指揮官、執行者が入場。
国旗も入場して、国歌演奏が行われます。

大宮駐屯地は、式台が見学席から見えないので、
祝辞の際など、本人を確認できません。

20160608ohmiya_7

執行者である、駐屯地司令を見られるのは、巡閲の時です。
駐屯部隊を確認して回ります。

祝辞は多くの方が行い、豪華な雰囲気でした。
駐屯地司令から始まり、埼玉県知事、さいたま市市長、
参議院議員3名、衆議院議員3名。

ひげの隊長 佐藤正久 参議院議員も参加されました。

20160608ohmiya_8

観閲行進へ移行し、行進が始まります。

第1音楽隊が進み、演奏場所へ移動します。

20160608ohmiya_9

徒歩部隊は、第32普通科連隊が行進します。
小隊での行進は圧倒的で、凄みを感じます。

化学科部隊は徒歩行進はありません。

20160608ohmiya_10

車両行進は、普通科部隊は行わず、化学科のみでした。

この駐屯地特有の、液体散布車粉末散布車
除染装置、除染車3型など興味深い装備が沢山です。

20160608ohmiya_11

私も大好きな、NBC偵察車です。

訓練展示にも参加しますが、生物、化学、核兵器への、
対処、防護能力を1台で行える装備です。

車内から、車体上部の12.7mm重機関銃を遠隔で操作もできます。

20160608ohmiya_12

昨年、訓練展示にも参加した、化学剤監視装置です。

車載式の装置で、この装置をヘリなどへも搭載する場合もあります。

監視装置のカメラが化学剤の流れを監視して、
リアルタイムで本部へ知らせます。

記念式典後は、音楽演奏が行われてから、訓練展示が実施されます。




陸上自衛隊応援サイト

「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署


サイディング塗り替え、修理、リフォームは

「リフォームにゃんぷ~さん」



アクセスカウンター

    最新トラックバック
    プロフィール

    軍曹

    • ライブドアブログ