防衛防災広報隊-陸自調査団・分室-

自衛隊を中心に、防衛・防災に関連する内容を掲載しています。 自衛隊での駐屯地創立記念や航空祭、消防や警察、海上保安庁も含む防災訓練などについてもふれていきます。

陸上自衛隊

旧日本軍士官学校|振武台と修武台記念館を訪れて

20160926kinenkan_1

自衛隊の基地や駐屯地は、旧日本軍が使用していた場所を受け継いでいる所が多いです。
航空機の滑走路がそのまま、敷地内の道路になっている事もあります。

陸上自衛隊 朝霞駐屯地と、航空自衛隊 入間基地にはそれぞれ士官学校がありました。
この画像は、朝霞駐屯地にある、陸軍予科士官学校跡地にある「振武台記念館」です。

建物自体は当時はここには無く、座間から米軍に解体される前に朝霞後へ移築された、
皇族の方の宿舎を記念館にしています。

20160926kinenkan_2

この地には元々、当時は東洋一と言われていた「東京ゴルフ倶楽部」があり、
朝霞駐屯地と隣接の訓練場とを併せて、コースになっていました。

朝霞は「膝折(ひざおり)宿」と呼ばれる場所でした。
昔、武将が乗っていた馬の膝が折れたとの言い伝えで、膝折となった様です。
様々な重要な地域への分岐点であり、道が膝(肘)などの折れ道だからという話もあります。

膝折という言葉が縁起が悪いため、東京ゴルフ倶楽部に関わりの深い皇族の、
「朝香宮鳩彦王」から「朝霞」へと地名が改められました。
同じ「朝香」では恐れ多いため、霞(かすみ)が良く出る地域という事から、
「朝香→朝霞」と字が変えられました。

20160926kinenkan_3

ちなみに、東京ゴルフ倶楽部では、ベーブ・ルースもプレイされました。

1941年に、日本陸軍予科士官学校を、市ヶ谷から移転。
首都本部に近くて広い土地として、朝霞が選ばれました。
この、陸軍予科士官学校には、韓国の朴槿恵大統領の父親、朴正煕も学ばれたそうです。

画像の資料館前の石柱は、当時の士官学校時の門柱で、
一枚岩を積み重ねて作られています。 造るの大変そうですね。

20160926kinenkan_4

太平洋戦争が終わり、予科士官学校跡地は、GHQにより接収されて
米陸軍の「キャンプ・ドレイク」が駐屯します。

その後、一時的に自衛隊も共同で使用しますが、全面的に変換されて今に至ります。

振武台資料館内には、当時の貴重な資料や、歴史などの説明が見られます。
士官学校で学ばれた方々の血判が押された、署名も展示されていて、息を飲みます。

屋外には、射程7kmの105mm砲「九九式十糎山砲」があります。
他にも、石碑や記念碑なども見学する事ができます。

20160926kinenkan_5

館内は撮影禁止ですが、陸上自衛隊 広報センターの管理となり、
休館日以外は、来館して申し込むと案内してもらえるツアーをやっています。

広報の隊員同行のツアーが、
11:20~12:15|13:00~13:55|15:20~16:15
自由見学ツアーが、
10:00~11:00|14:00~15:00
<広報センター りっくんランド振武台見学詳細>

無料で、歴史を知り・学べる貴重な施設なので、訪れてみて下さい。

20160926kinenkan_6

こちらは、航空自衛隊 入間基地にある「修武台記念館」です。
陸軍航空士官学校跡地に建てられています。

この綺麗な建物自体は新しく、2012年に建て替えられ開館しました。
陸軍航空士官学校本部を再現されています。

2012年以前は木造の資料館で、入間航空祭などで自由に見学できました。
現在は、隊員の教育を目的としているため、通常は一般の見学はできません。

20160926kinenkan_7

航空祭時には、修武台記念館前の展示航空機は見学できます。
規制線が張ってあり、記念館にはある程度しか近寄る事もできません。

2016年9月26日(月)に、入間基地の募集イベントに応募当選し、
館内を見学する機会がありました。

20160926kinenkan_8

隊員教育と借りている展示資料も多いため、館内は撮影できません。
しかし、航空機を展示している保管庫は撮影ができました。

多人数のツアーで、最初に1階のガイダンスシアターで、15分程の映像を視聴。
航空機発祥の歴史から始まり、戦争に気球・飛行船が使われ、航空機へと発展。

太平洋戦後、ジェット機へと発展して音速を超えて、冷戦へと移っていきます。
アメリカのF-86F、ソ連のMig-15が登場して開発競争になります。

ベトナム戦争が始まり、警察予備隊→保安隊→自衛隊へと変わり、
現在に至るまでの、とても理解し易い内容の資料映像です。

20160926kinenkan_9

館内には、悲しい歴史である、人間ロケット「櫻花(おうか)」を展示。
切断されて展示していて、構造や搭載爆薬の位置や大きさも分かりました。
1971年に切断展示され、日本では入間基地でしか見られません。

当時、陸軍航空士官学校だった頃に、昭和天皇が休憩する部屋「便殿の間」
の入り口扉の実物も展示されていました。

画像の窓は、当時の建物の物で、便殿の間の扉と窓だけ保管されています。
保管庫に窓は置いてあります。

20160926kinenkan_10

1996年には、千葉県 八千代市の田んぼから「二式複座戦闘機」が発見されます。
B-29に特攻して撃墜しますが、共に墜落して、そのまま埋まっていました。

発掘した残骸もバラバラの状態ですが、展示してあります。
軽量化され、薄い金属板でしたので、ブリキの様に薄い素材だった事がわかります。

資料館1階には、地対空誘導弾ナイキアジャックやVADSⅡが展示。
航空自衛隊創成期からの資料が多数あります。

画像の階段は、保管庫に何気なくありますが、
実は天皇陛下が入間基地で、C-1輸送機に搭乗する際に使用された物なんですって。
普通に登る事ができたので、言われるまで凄さに気が付きません。

20160926kinenkan_11

保管庫には他に、T-33A練習機の「アリソン  J-33-A-35エンジン」
が固定されて展示されていました。

記念館内にも、ゼロ戦の「栄11・12式エンジン」など戦前の物から、
F-86のJ47-GE27エンジン、T-4のE-3-IHI30エンジンなど戦後のものまで。

F-86D・F-104の射出座席もありました。

20160926kinenkan_12

この歴史的貴重な保管航空機は「アンリ・ファルマン」です。
1910年型で、徳川好彦大尉・日野熊蔵により飛行された復元機です。

1945年に、米軍に接収されてライトパターソン空軍博物館に収蔵されていました。
1960年に、日米修交100年で返還され、横田基地で組み立て・展示。

2008年までは、神田の秋葉原にあった交通博物館に展示されていました。

20160926kinenkan_13

本体は復元機ですが、プロペラとエンジン周辺機材は、
当時の物がそのまま搭載されています。

2015年には、アンリ・ファルマンの孫にあたる、
ピエール・ファルマン氏が修武台に来館して、本機の設計図を寄贈しました。

その時の、設計図と記念写真が館内には展示されていました。
時を越えて出会えた、とても良い話です。

20160926kinenkan_14

昔から、航空自衛隊を見てきた方々には懐かしい機体だと思います。
「V-107救難機バートル」の最終飛行機です。

展示保管される場合は、エンジンやの搭載装備は外されるのですが、
この機体は、エンジンなどそのままでの保管のため、整備すれば飛行できます。

しかし、退役した機体なので、段々と整備できる人材が減っているとの事です。
数年したら、整備技術や知識を持つ隊員はいなくなるでしょう。

20160926kinenkan_15

ローターブレードは外されていますが、隣に保管されています。
なので、飛べます。 何かの記念に飛行して下さい。

隣に見えるのは、もう1機の展示機です。

20160926kinenkan_16

「F-1支援戦闘機」の初号機です。
こちらも、最終飛行後、武装・エンジンなどそのまま保管しています。

F-2が配備される以前の支援戦闘機なので、
火力演習時に、F-1による対地攻撃を見た方もいるでしょう。

保管庫内は以上ですが、記念館内は実に多くの展示資料があります。

募集応募以外では基本的に見られませんが、
10人以上の団体の場合に、入間基地広報へ問い合わせると見学できるとの事です。
<入間基地 修武台記念館見学詳細>

自衛隊基地・駐屯地の歴史資料に触れて、
戦争を起こした事実と、これからの国防について考える時があっても良いと思います。




陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




平成28年度自衛隊記念日観閲式(予行)の応募はしました?

20160920h28kanetsu_1

毎年、このくらいの次期になると、自衛隊記念日行事が様々行われます。

航空自衛隊の基地4箇所による航空機体験搭乗や、
日本武道館で行われる「自衛隊音楽まつり」もその一つです。
<自衛隊音楽まつり応募ページはこちら>

音楽まつり応募は、サイトから10月2日(日)までなので、忘れずに!

20160920h28kanetsu_2

自衛隊記念日は追悼式など、自衛隊関係者のみの行事もありますが、
内閣総理大臣来場で一般も見学できるものがあります。

それが、陸海空自衛隊がそれぞれ3年毎に受け持つ「観閲式」です。
昨年は、海上なので「観艦式」でした。

そして、今年は陸上自衛隊による「中央観閲式」が実施されます。

20160920h28kanetsu_3

陸上自衛隊広報センター/りっくんランドのある、
朝霞駐屯地隣接の朝霞訓練場を会場として行います。

本番は、10月23日(日)に実施されますが、
総合火力演習同様に「予行」も実施され、そちらの一般応募があります。

会場への入場は他の一般参加イベントとは異なる厳戒警備で、
持ち物検査はもちろん、ペットボトルや缶などでの飲料持ち込みも禁止です。
入り口で、紙コップに移されて携帯がとても難儀します。

20160920h28kanetsu_4

それも、自衛隊の最高指揮官「内閣総理大臣」と「防衛大臣」が来ますからね。
予行時も、同様の警備状況に近い感じです。

本番では、一時的に隣接道路が警視庁により封鎖もされます。
この厳格な「観閲式・栄誉礼」は緊張感があります。

20160920h28kanetsu_5

ニュースなどで見る機会もある、国賓などを迎える「特別儀仗隊」により、
内閣総理大臣への栄誉礼が執り行われます。

駐屯地創立記念の記念式典で行われる、駐屯地司令への栄誉礼は簡易的な内容です。

第302保安警務中隊と呼ばれる、市ヶ谷所属の選ばれた隊員達で構成されます。

20160920h28kanetsu_6

創立記念同様に執行者、観閲式での総理大臣が「巡閲」します。

創立記念での執行者は自衛官である司令なので、部隊へ敬礼します。

自衛官ではない総理や大臣は、右胸に手(帽子)を添えて
「君達に我々の命を守る事を任せます」で巡閲します。

テレビで訓示などの際も、大臣などはこうしています。

20160920h28kanetsu_7

観閲式の観閲行進では、まず「徒歩部隊による行進」で始まります。

陸海空自衛隊音楽隊合同部隊が先頭で進み、
学生・生徒部隊、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、女性自衛官と続きます。

やっぱり、普通科部隊はかっこういいです。

20160920h28kanetsu_8

続いて、「観閲飛行」です。

陸海空自衛隊の主力航空機が編隊飛行を行います。

航空自衛隊のF-15戦闘機も編隊で迫力がありますが、
海上の救難飛行艇US-1・2による観閲飛行は見られると嬉しいです。

20160920h28kanetsu_9

陸上自衛隊の観閲行進はやはり、「車両行進」で締めます。

様々な最新装備が小隊行進を行い、
74・90・10式戦車がそろって行進する姿は、やっぱり凄いです。

20160920h28kanetsu_10

これは火力演習で優れた性能を見せてくれる、「高性能高感度カメラ」
通称「千里眼」も、車載式が行進します。

珍しいレーダー装置や無人機も車載されて行進します。

20160920h28kanetsu_11

記念式典・観閲行進後には、自衛隊や米軍などが「音楽演奏」をします。

太鼓演奏やドリル演技、その昔は大砲を使った演奏もしました。
その年によって、演奏してくれる部隊も違うので楽しみです。

20160920h28kanetsu_12

会場では、「装備品展示」が展示会場で行われています。
これから配備される装備や、米軍車両も見られたりします。

今年度は、機動戦闘車や陸自のAAV-7が来る事を望みます。
<平成28年度 自衛隊記念日観閲式応募ページ>

観閲式応募はサイトからのみで、9月25日(日)21時までです。



陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




2016年9月17~19日のイベント|横田友好祭・りっくんランド

20160916yokota_gsdf_1

2016年9月17(土)~19日(月祝)開催の、自衛隊・在日米軍のイベントです。

この期間には、幕張メッセで「東京ゲームショー2016」も行われています。

まず、9月17・18日(土・日)には、東京都 福生市所在の、
在日米空軍 横田基地で「横田基地 日米友好祭2016」が行われます。

<横田基地 友好祭2016特設ページ>

20160916yokota_gsdf_2

両日共に、9:00~21:00で、入門は20:00までです。

在日米軍機、陸海空自衛隊機が地上展示されます。

予定では、MC-130J・HH-60・F-16・A-10・F-15・C-17・P-8・E-3・MH-60R
KC-135・C-130H・UH-1N・C-12J、などの米軍機が展示されます。

対地攻撃機の、A-10AサンダーボルトⅡが私のお気に入りです。

20160916yokota_gsdf_3

自衛隊機は、C-130H・KC-767・T-400・U-4・CH-47J・F-2・F-15・RF-4
T-4・UH-60J・AH-1S・CH-47・UH-1、が予定されています。

F-15やF-2などの戦闘機も良いですが、大型のKC-767も迫力があります。
RF-4ファントムは、青色の洋上迷彩機が飛来している様です。

20160916yokota_gsdf_4

2014年頃から、MV-22オスプレイも展示されていました。

今年は、展示予定には無いので、横田では見られないかもしれません。

機内見学の来場者で、長い列ができていました。

20160916yokota_gsdf_5

地上展示以外にも、米空軍のC-130輸送機による飛行展示も予定されています。

両日共に、飛行が行われますが、飛行時間等は会場で確認との事。

20160916yokota_gsdf_6

飛行展示ですが、空挺降下も行われると思われます。

昨年も空挺傘により、多数の兵士が降下する姿が見られました。
C-130の着陸する様子も、見逃さない様にして下さい。

20160916yokota_gsdf_7

軍用犬の訓練展示も実施されます。
軍用犬と共に、M4カービンを携行した兵士が、
侵入者を取り押さえる様子などもみられると思います。

隣接する、航空自衛隊 横田基地からも、PAC-3やLAVが展示。

高等工科学校ドリル演技や航空中央音楽隊演奏会も実施されるので、
航空自衛隊エリアもイベントが沢山あります。
<航空自衛隊 横田基地サイトはこちら>

20160916yokota_gsdf_8

横田基地 友好祭明けは、9月19日(月・祝)敬老の日です。

この日には、東京都 練馬区所在の、
陸上自衛隊 広報センター りっくんランド「高機動車 体験搭乗」が行われます。

雨の予報もありますが、余程の荒天でない限り、実施されます。

20160916yokota_gsdf_9

開館前から、かなりの人数が列ばれるので、早い便に乗られたい場合は、
10時前から行かれる事をお勧めします。

受付は開館と同じ10時で、先着170名になり次第終了となります。

乗車開始は10時30分です。
前回の軽装甲機動車が最大3名だったのに比べ、6~8名同時に搭乗できるので、
順番が周って来るのも早いです。
<りっくんランドサイトはこちら>

3連休が取れる方は、それぞれに行ってみても良いではないでしょうか。




陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




平成28年度 富士総合火力演習 教育演習|ヘリ・戦車火力等

20160906soukaen28_1

2016年8月27日(土)に行われた、
「平成28年度 富士総合火力演習 教育演習」の続き。

前段演習の紹介は最後になります。
まず、上空から支援攻撃を行う、航空火力です。

「ヘリ火力|AH-1S/対戦車ミサイルTOW」


20160906soukaen28_2

飛来して来た、対戦車ヘリコプターAH-1Sコブラ。

スタブウィングに搭載された、「対戦車ミサイルTOW」を射撃します。

機首下部には、20mm機関砲も搭載され、以前はこちらも射撃していました。
TOWが飛翔して、目標に命中しました。
<AH-1Sコブラ詳細>

20160906soukaen28_3

AH-1Sの離脱後に、戦闘ヘリコプターAH-64Dアパッチロングボウが飛来。

「ヘリ火力|AH-64D 30mm機関砲」の射撃です。

観測ヘリとして奥には、OH-6Dが同行しています。

20160906soukaen28_4

メインローターブレードに白く見えるのが、ベイパーです。
周辺の水蒸気が一気に蒸発して、見える現象です。

ジェット機にも、主翼周辺に見られる事があります。
見る事ができたら、ラッキーです。

20160906soukaen28_5

射撃位置に着き目標へ向けて、30mm機関砲を射撃開始!

回転式機関砲ではなく、電気的に給弾するチェーンガンを搭載しています。
重みのある射撃音が続きます。

20160906soukaen28_6

2の台手前の目標に向けて、射撃を行っています。

十字的後方から、土煙が上がっているのが確認できると思います。

20160906soukaen28_7

複数回連続した射撃を繰り返して、アパッチは離脱します。

天候がよければ、後方の富士山と重なった姿も見られます。
<AH-64Dアパッチ詳細>

20160906soukaen28_8

「対空火力|87式自走高射機関砲/2連装35mm機関砲」

87式自走高射機関砲が会場に進入して来ました。
2連装高射機関砲L90を、74式戦車の車体に搭載した対空火器です。

20160906soukaen28_9

流石に会場広場では射撃できないため、奥の台で行います。

奥の台には、87AWが2両確認できます。

演習場で上空に射撃を行うのは危険なため、水平での射撃を実施します。

20160906soukaen28_10

2両の87AWが同時に射撃を開始!

35mm機関砲の曳光弾が飛んで行く様子が確認できます。

薬莢は外に放出されるため、射撃音と薬莢の落ちる金属が同時に聞こえます。
<87式自走高射機関砲詳細>

20160906soukaen28_11

前段演習での火力紹介の最後は、いよいよ戦車の射撃です。

「戦車火力|74式戦車/105mmライフル砲」

74式戦車が小隊で、2両ずつ会場左右から進入して来ました。

20160906soukaen28_12

会場左の丘の2両がまずは、射撃を実施!

74式戦車は、ライフリングの施された105mmライフル砲を主砲に装備。

20160906soukaen28_13

会場右の丘の2両も射撃!

こちらは、発砲炎を捉える事ができました。
油圧サスペンションにより、砲塔だけを露出して射撃が行えます。
<74式戦車詳細>

20160906soukaen28_14

続いて、「戦車火力|90式戦車/120mm滑空砲」です。

A道から、90式戦車が小隊で4両進入します。

20160906soukaen28_15

そのまま、広場内を4両同じ動作で動き射撃!

搭載されている120mm滑空砲は、ライフリングの無い砲です。

砲弾を安定して飛ばすため、
ダーツの矢の様な翼の付いたAPFSDS弾を使用しています。

20160906soukaen28_16

本州では90式戦車は富士地区や、武器学校などでしか見られません。

車体重量が50tあり、一般道などでの運用を考慮していません。
主に北海道の北部方面隊に集中配備されています。
<90式戦車詳細>

20160906soukaen28_17

戦車部隊最後は、「戦車火力|10式戦車/120mm滑空砲」です。

まず、会場左の丘に前進する戦車を援護するため、進入しました。

20160906soukaen28_18

2両が同時に、120mm滑空砲を射撃!
発砲炎が確認できます。

10式戦車も、90式同様にAPFSDS弾を使用します。

20160906soukaen28_19

10式戦車の安定した射撃を披露するため、スラローム射撃も実施。

車体は左右に振られますが、砲身は一点を捉えたままです。

20160906soukaen28_20

今回の火力演習の試みの、「後退間射撃」です。
離脱時に砲塔を後方に向けたまま射撃を行いました。

スラローム同様に、高い安定性と射撃性能が分かる展示です。
<10式戦車詳細>

20160906soukaen28_21

前段演習最後は、「空挺降下|第1空挺団による自由降下」

雨の振りそうな曇だったので、実施が不安でした。

上空のCH-47Jの音だけかと思っていると、
雲の奥からパラシュートが!

20160906soukaen28_22

曇っていますが、上空の風が強くなった事で実施できました。

自由降下傘により、第1空挺団の隊員が4名降下しています。

20160906soukaen28_23

航空機から降下するのと同時に開く空挺傘とは違い、
降下後に自分で開くのが自由降下です。

スカイダイビングと同様の方法です。

20160906soukaen28_24

自衛隊唯一の降下専門の部隊の、
第1空挺団は千葉県の習志野駐屯地に所在しています。

中央即応集団隷下の部隊で、レンジャー資格を持つ
空挺レンジャーと呼ばれるエリート隊員もいます。

これで前段演習終了で、15分程の休憩後に後段演習が始まります。



陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署


サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




平成28年度 富士総合火力演習 教育演習|前段・普通科火力

20160902karyoku28_1

2016年8月27日(土)に行われた、
「平成28年度 富士総合火力演習 教育演習」の続きです。

01式軽対戦車誘導弾に続いて、普通科火力の紹介です。
「普通科火力|対人狙撃銃」による遠距離狙撃です。

20160902karyoku28_2

丘の上で、ギリースーツ装着の狙撃手が構えています。
「対人狙撃銃 M24SWS」により、車両内の目標へ射撃します。

<対人狙撃銃詳細>

20160902karyoku28_3

4の台手前の、車両を模した目標窓部分にいる人員へ狙撃します。

通常は距離200m位で行われますが、今回の目標は500mあります。
1発目は外しましたが、2発目で見事命中!

昨年よりも、目標位置が狙いにくい所に移動した様に感じます。

20160902karyoku28_4

次は、「普通科火力|96式装輪装甲車搭載火器」です。

それぞれ2種類の火器を搭載した、4両の車両が進入します。

20160902karyoku28_5

初めに、「96式40mm自動擲弾銃」です。

連射が行える、国産・軽量のグレネードランチャーです。

20160902karyoku28_6

車上から連続発射して、目標を狙います。

対人対戦装甲擲弾を使用し、装甲車や対人目標に対して、
面制圧を目的とした装備です。

20160902karyoku28_7

黄色の風船目標へ命中!

96式40mm自動擲弾銃は三脚での使用もできますが、
96式装輪装甲車に搭載して使用される事が主です。

20160902karyoku28_8

進入した他の2両には、「12.7mm重機関銃M2」が搭載。

目標へ2両同時に射撃します。

曳光弾使用なので、弾道が確認できます。
第2次世界大戦以前から使用される、信頼性のある重機関銃です。

<12.7mm重機関銃M2詳細>

20160902karyoku28_9

96式装輪装甲車後部から、小銃小隊が下車戦闘を開始。

「普通科火力|小銃・機関銃」の射撃を行います。

20160902karyoku28_10

こちらは、89式5.56mm小銃に取り付けて発射する、
「06式小銃擲弾」の弾着の様子です。

先程の、擲弾銃の様な連射はできませんが、
小銃隊員が携行して、小銃からグレネードを遠方に投射できます。

20160902karyoku28_11

続いて、「5.56mm機関銃MINIMI」「89式5.56mm小銃」の射撃です。
人物目標へ射撃を行っています。

MINIMIはリンクベルトで給弾しますが、
89式5.56mm小銃の弾倉を使用しての射撃も可能です。

弾倉や弾薬が共通化されているのは、戦力的にも強みです。

20160902karyoku28_12

「普通科火力|対戦車弾・無反動砲」
「110mm個人携帯対戦車弾」を射撃します。

パンツァーファウストで知られている、徒歩部隊の対戦車火器です。

20160902karyoku28_13

丘に隠れて、発射の姿は見えませんが、
目標への弾着の様子は、車両撃破を目的とした火器なので激しいです。

目標の破片も飛散して、爆音も大きいです。

20160902karyoku28_14

「84mm無反動砲(B)」による射撃です。
カール・グスタフとして知られている、バズーカです。

後方へ、射撃時の衝撃をガスなどを噴射する事で消します。

そのため、後方には大きな衝撃が起きるため、
射撃時の後方確認はとても重要です。

20160902karyoku28_15

まずは、近接信管の榴弾を射撃して、空中で爆発させます。

砲弾片などが、地表面の人員や車両に襲い掛かり、損害を与えます。

20160902karyoku28_16

こちらは、対戦車榴弾を使用しての射撃。

直接目標に命中し、激しく爆発しています。
威力の強さが伝わり、装甲車両に有効だと分かります。

20160902karyoku28_17

最後に、発煙弾を射撃します。

弾着と同時に、発煙弾は破裂して白煙が広がります。

敵部隊の視界を遮り、反撃や離脱時に有効な砲弾です。

20160902karyoku28_18

普通科火力の最後は、装甲戦闘車です。
「普通科火力|89式装甲戦闘車」の紹介です。

誘導弾や大口径の機関砲を搭載している装甲車ですが、
普通科隊員が乗車して、戦闘地域での人員輸送も行う普通科部隊の装備です。

20160902karyoku28_19

主砲の、90口径35mm機関砲を連続射撃します。

海外では、歩兵戦闘車に分類され、
砲塔両側には対戦車誘導弾の重MATを搭載します。

車内には、武装した隊員を7名(操縦など他3名)乗車可能です。
<89式装甲戦闘車詳細>

残る前段演習は、ヘリ火力と戦車火力です。



陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




アクセスカウンター

    最新トラックバック
    プロフィール

    軍曹

    • ライブドアブログ