20160426kumamoto_haken_1

2016年4月14日(木)21時26分頃に、
九州の熊本を中心としてM6.5の地震が発生しました。

その後も、余震、本震と4月26日現在でも地震は続いています。

全国の陸海空自衛隊、消防、警察、海上保安庁、米軍など、
多くの機関から災害派遣へと向かいました。

今回は、松戸駐屯地広報班から写真提供を頂いた、
陸上自衛隊 松戸駐屯地の活動内容をお伝えします。

20160426kumamoto_haken_2

九州にも多くの陸上自衛隊の駐屯地が所在します。

松戸からは、4月16日(土)に第一陣として、
第2高射特科群長以下約200名(松戸以外も含む)が出発。

水、機材などを3t半大型トラック等に搭載して前進しました。

大分の日出生台演習場到着後に、
19日(火)から人命救助を開始しました。

20160426kumamoto_haken_3

4月17日(日)には、指揮や調整人員も不足のため、
西部方面総監部と陸上幕僚監部へ幹部隊員が出発。

こちらは、民間機で福岡空港へ10名向かわれました。

20160426kumamoto_haken_4

やはり、捜索も難航して被災者支援のため、
順次人員が送り込まれます。

4月19日(火)には、関東補給処松戸支処から10名
九州補給処へ増員として民間機で移動します。

17時頃に駐屯地を出発しますが、同日には到着しています。

20160426kumamoto_haken_5

被災地へ派遣される隊員方だけでなく、在駐される方達も、
夜遅くまでスケジュール調整や連絡などを行っています。

裏方で縁の下の力持ちとして、目に触れない所でも頑張っています。

20160426kumamoto_haken_6

被災地では捜索が続く中、
被災者への食料、給水などの支援も必要になります。

松戸は需品学校が置かれ、後方支援の教育も行われる専門集団です。

20160426kumamoto_haken_7

4月19日(火)には、需品教導隊長以下約20名が、
野外入浴セットを搭載して向かいます。

20160426kumamoto_haken_7_3

屋外でお風呂に入れる装備品で、
1日に約1200名、一度に30名のが入浴できます。

シャワーなどの洗い場も設置され、実際には天幕で覆われます。

そのため、女性でも安心して入浴する事ができます。

20160426kumamoto_haken_7_2

需品教導隊は、熊本の健軍駐屯地へ向かいます。

派遣される隊員達へ、今回の任務内容を伝えます。

20160426kumamoto_haken_8

準備を整えて、野外入浴セットを搭載した車両は、
18時45分頃に健軍駐屯地へ向けて出発しました。

20160426kumamoto_haken_10

陸路を移動して来た需品教導隊は、
4月21日(木)16時頃に、熊本の健軍駐屯地に到着します。

20160426kumamoto_haken_9

健軍駐屯地で補給を受けて、派遣地域へ向かいます。

需品教導隊は、健軍駐屯地から約38kmの距離にある、
山都町へ向かい支援を行います。

20160426kumamoto_haken_11

4月22日(金)に駐屯地を出発した需品教導隊は、
同日9時頃に山都町役場に到着しました。

この町役場から移動して、約1.8kmの場所にある、
矢部保健福祉センター千寿苑に11時30分頃到着。

20160426kumamoto_haken_12

到着してすぐの同日11時40分から、
野外入浴セットによる仮設入浴場の設営を開始します。

右奥に見えるのが、牽引してきたトレーラーで、
ボイラーやポンプなどを搭載しています。

20160426kumamoto_haken_13

そして同日の20時頃から入浴が可能になりました。

男湯、女湯、それぞれを設置して、
熊本に「松戸の湯」がオープンしました。

20160426kumamoto_haken_14

山都町のホームページでも4月23日(土)から、
入浴可能と告知されています。

<山都町サイトの入浴支援告知>

20160426kumamoto_haken_15

13時~20時までの間で入浴が可能です。

水タンクは無限では無いため、入浴に必要な水の確保は、
山都町が管理している消火栓から取水しています。

この様な支援活動を、全国の陸海空自衛隊が行っています。

現地でなくても、自衛官の方を見かけたら、
様々な支援活動を行っていのだと思ってみて下さい。



陸上自衛隊応援サイト

「陸自調査団」




Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは

「リフォームにゃんぷ~さん」