防衛防災広報隊-陸自調査団・分室-

自衛隊を中心に、防衛・防災に関連する内容を掲載しています。 自衛隊での駐屯地創立記念や航空祭、消防や警察、海上保安庁も含む防災訓練などについてもふれていきます。

「平成28年度 自衛隊記念日 観閲式 方面統一訓練」徒歩行進

20161017h28kanetsu_houmen_1

2016年10月13日(木)に行われた、一般公開予行行事、
「平成28年度 自衛隊記念日 観閲式 方面統一訓練」

観閲式の式典後に、観閲行進が開始されます。
観閲行進は、まず「徒歩部隊」からです。

20161017h28kanetsu_houmen_2

最初に行進して来た部隊は、「陸海空合同音楽隊」です。

陸上自衛隊 中央音楽隊、海上自衛隊 東京音楽隊、航空自衛隊 航空中央音楽隊
この、三自衛隊の混成部隊により、「行進曲 凱旋」を演奏しながら進みます。

観閲台を通過した後に、行進部隊の演奏を行う位置へ移動。
これから、行進してくる部隊の行進曲を演奏します。

20161017h28kanetsu_houmen_20

観閲行進を指揮する「観閲部隊本部」が車両で前進。
82式指揮通信車に、陸将補の搭乗されています。

20161017h28kanetsu_houmen_3

続いて、自衛隊の教育機関で学ばれている、学生・生徒の部隊です。

「防衛大学校学生隊」が行進していきます。
神奈川県 横須賀市に所在する、防衛大学校の学生達です。

20161017h28kanetsu_houmen_4

先頭は学校旗を掲げ、後に続く学生達は、64式7.62mm小銃を携行しています。

2016年11月19・20日(土・日)には、平成28年度 開校記念祭が行われます。
訓練展示、観閲式、伝統の棒倒しなど、他の学園祭とは異なる特徴のある内容です。

20161017h28kanetsu_houmen_5

続く部隊は、「防衛医科大学校学生隊」です。

制服などは似ていますが、医大生という事で小銃を携行せず、
医薬品などを収めた、白い救急鞄を持っています。

20161017h28kanetsu_houmen_6

学び舎の部隊最後は、「高等工科学校生徒隊」です。
防衛大学校学生隊とは異なり、89式5.56mm小銃を携行します。

神奈川県 横須賀市の武山駐屯地に所在する、高等工科学校の生徒達です。
中学卒業後に、全寮制の高校卒業資格の取れる、自衛隊教育学校です。

高等工科学校の創立記念行事は、9月25日(日)に行われました。

20161017h28kanetsu_houmen_7

学生・生徒の行進が終わると、自衛隊の各部隊が続きます。
「陸上自衛隊 普通科部隊」が行進して来ました。

音楽隊の演奏する曲は各自衛隊で異なります。
学生部隊の時からですが、陸上自衛隊は「陸軍分列行進曲 扶桑歌」です。

20161017h28kanetsu_houmen_8

普通科部隊は、89式5.56mm小銃を携行します。
襟元の赤いスカーフは、血の色を意味しています。

特科は火薬を意味する黄色など、職種により違いが分かります。

20161017h28kanetsu_houmen_9

普通科に続いて進むのは「陸上自衛隊 空挺部隊」です。

自衛隊唯一の、パラシュート降下を行う、第1空挺団の隊員達です。
鉄帽には、空挺団の証「空挺記章」が描かれています。

20161017h28kanetsu_houmen_10

先頭の部隊長は、9mm機関拳銃を携行。
続く隊員達も、銃床が折り畳まれた、89式5.56mm小銃を携行します。

中央即応集団(CRF)の特殊部隊で、千葉県 船橋市の習志野駐屯地に本部があります。

20161017h28kanetsu_houmen_11

建物やヘリからロープ降下するレンジャー隊員。
その、レンジャー資格と空挺を併せ持つ、
空挺レンジャーというエリートも存在します。

陸上自衛隊 広報センターでも、習志野駐屯地見学ツアーが行われます。
11mの跳び出し塔からの、降下体験もできます。

20161017h28kanetsu_houmen_12

「海上自衛隊部隊」が続いて、行進して来ました。
演奏音楽も「行進曲 軍艦」に変わります。

自衛艦旗を掲げた隊員が先導して、行進していきます。

20161017h28kanetsu_houmen_13

携行している小銃も、64式7.62mm小銃です。
先導する、部隊長などが腰に携帯する拳銃も、白いホルスターに入っています。

海上自衛隊の制服は、やっぱりカッコいいです。

20161017h28kanetsu_houmen_14

「航空自衛隊部隊」が行進して来ました。
海上自衛隊部隊同様に、64式7.62mm小銃です。

演奏曲は「行進曲 大空」に変わります。

20161017h28kanetsu_houmen_15

陸上自衛隊が緑、海上自衛隊が黒、航空自衛隊が紺。

制服のデザインや色は異なり、それぞれに良さがあります。

20161017h28kanetsu_houmen_16

徒歩部隊最後は、「女性自衛官部隊」
女性自衛官部隊の最初は、陸上自衛隊女性自衛官です。

20161017h28kanetsu_houmen_17

続いて、海上自衛隊女性自衛官です。

20161017h28kanetsu_houmen_18

最後は、航空自衛隊女性自衛官です。

20161017h28kanetsu_houmen_19

女性自衛官部隊と分けられていますが、
時代に合わせて変わっていくのでしょうか。

女性自衛官の人数も増えて、各部隊長にも女性が多くなるなど、
企業での、管理職等の執行役員の扱いと同じだと思います。

徒歩部隊が終わると、観閲飛行の航空機が上空を通過します。
それは、また次回で。


陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




「平成28年度 自衛隊記念日 観閲式 方面統一訓練」式典概要

20161013kanetsu_touitsu_1

2016年10月23日(日)
に、朝霞駐屯地隣接の朝霞訓練場で、
「平成28年度 自衛隊記念日 観閲式」が行われます。

実施までの期間には、部隊での予行が何度となく行われています。

10月13日(木)には、国民に観閲式の概要を理解してもらう意味も込め、
一般観覧のできる公開訓練が行われました。

20161013kanetsu_touitsu_2

数日前から、近隣の朝霞市・和光市・新座市で入場券の配布が行われました。
一般公開と言っても、入場券が無いと入れません。

本番では、総理大臣も来られるので、
持ち物検査や液体の持ち込みに、非常に厳しい警戒体勢が取られています。

今回の「方面統一訓練」では、観覧席の色指定はありませんが、
16日(日)の総合予行と、23日(日)観閲式本番では、
観覧席の券による指定があります。

20161013kanetsu_touitsu_3

市による配布で貰える入場券は「緑券」が一般的で、
画像の辺りの観閲台からとても遠い席です。

観閲行進に参加する車両が待機していて、行進前に良く見える席でもあります。

16日などに行かれる方は席を離れる場合に、
入場券の半券は必ず携帯して下さい。

戻れなくなる場合がありますので、ご注意下さい。

20161013kanetsu_touitsu_4

7時開門でしたが、時間前から多くの方々がすでに列ばれていました。
席確保のため、遅くても9時には入門していた方がいいです。

9時30分頃から、観閲部隊が続々と入場して来ます。

防衛大学校、防衛医科大学校、高等工科学校と、
観閲行進を行う順番で続々と入場します。

20161013kanetsu_touitsu_5

陸上自衛隊の普通科部隊、空挺部隊、海上自衛隊部隊、航空自衛隊部隊、
女性自衛官部隊と、総勢3000名以上が整列します。

観閲行進も整った行進で素晴らしいですが、
会場に入ってくる様子も見て頂きたいです。

20161013kanetsu_touitsu_6

そして、最後に入場してくるのが、陸海空自衛隊混成音楽隊です。
三自衛隊の精鋭音楽隊がそろって行進します。

演奏しながら行進する、プロのマーチングバンドが、
この人数で見られるのも、観閲式の醍醐味です。

20161013kanetsu_touitsu_7

全観閲部隊が入場して整列しました。

そこへ、観閲部隊指揮官である、陸将補が車両で入場。
指揮官へ栄誉礼が行われ、観閲部隊が演奏と共に栄誉礼をします。

「栄誉礼冠譜 及び 祖国」が演奏され、この時は2回行います。

20161013kanetsu_touitsu_8

続いて、国旗が陸海空の6名の隊員により入場。
演習用国旗入場と放送ありましたので、本番とは異なる物を使用しています。

国旗を持つ隊員以外は、小銃を携行しています。

20161013kanetsu_touitsu_9

続いて、観閲式執行者が入場。
実際は、陸将が務めるのですが、訓練という事もあり、代理で行われます。

執行者へ、演奏と共に栄誉礼が行われます。
「栄誉礼冠譜 及び 祖国」は3回行います。

20161013kanetsu_touitsu_10

ここからは、創立記念行事で行われる、
駐屯地司令への簡易栄誉礼とは異なります。

特別儀仗隊が、中央音楽隊ラッパ吹奏の先導で入場して来ます。

特別儀仗隊は、第302保安警務中隊という、
総理大臣や国賓を迎えるための儀仗部隊です。

20161013kanetsu_touitsu_11

特別儀仗隊の迎える準備が整うと、
会場奥から物々しい警備で車両が入場して来ます。

この時実際には、観閲官である、内閣総理大臣が5つ星の車両に乗車して来ます。

20161013kanetsu_touitsu_12

観閲官(総理大臣)が観閲台に立つと、儀仗隊が捧げ銃をします。
画像に見える部隊が右方向に、あと2小隊います。

中央音楽隊がラッパ吹奏をして、栄誉礼が行われます。
「栄誉礼冠譜 及び 祖国」は4回です。

20161013kanetsu_touitsu_13

栄誉礼後に、観閲官は観閲台へ登壇します。

先程、入場し来てた国旗とは別に、国旗掲揚も国歌吹奏と共に実施。
来場者も含めて起立し、国旗に注目します。

20161013kanetsu_touitsu_14

観閲部隊が一同に、国旗へ敬礼する姿も凄いです。

観閲台方向から見られると、観閲台方向へ注目している様子が分かります。

20161013kanetsu_touitsu_15

創立記念行事でも行われる「巡閲」の実施です。
黒塗りオープンカーに乗車した観閲官(総理大臣)に、
部隊の士気を見て頂きます。

巡閲では「巡閲の譜」を演奏しながら、部隊前を進みます。

これらの観閲式で使われている音楽は「サウンドギャラリー」で聴けます。
<陸上自衛隊サウンドギャラリーはこちら>

20161013kanetsu_touitsu_16

巡閲後に、観閲台で観閲官の「祝辞」が行われます。

方面統一訓連では、総務部室長が観閲式の概要を説明する内容でした。
本場では、総理大臣が実際に行います。

20161013kanetsu_touitsu_17

この後、観閲行進のため、部隊が観閲行進準備に移ります。
徒歩部隊と車両部隊が行進開始位置へ移動していきます。

この時はまだ、総理大臣は観閲台にいて、行進を見守っています。
行進後に、再度、栄誉礼を行って総理大臣が退場されます。

観閲式の流れはこの様な感じです。
観閲行進や観閲飛行は、次で紹介します。




陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署




サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




旧日本軍士官学校|振武台と修武台記念館を訪れて

20160926kinenkan_1

自衛隊の基地や駐屯地は、旧日本軍が使用していた場所を受け継いでいる所が多いです。
航空機の滑走路がそのまま、敷地内の道路になっている事もあります。

陸上自衛隊 朝霞駐屯地と、航空自衛隊 入間基地にはそれぞれ士官学校がありました。
この画像は、朝霞駐屯地にある、陸軍予科士官学校跡地にある「振武台記念館」です。

建物自体は当時はここには無く、座間から米軍に解体される前に朝霞後へ移築された、
皇族の方の宿舎を記念館にしています。

20160926kinenkan_2

この地には元々、当時は東洋一と言われていた「東京ゴルフ倶楽部」があり、
朝霞駐屯地と隣接の訓練場とを併せて、コースになっていました。

朝霞は「膝折(ひざおり)宿」と呼ばれる場所でした。
昔、武将が乗っていた馬の膝が折れたとの言い伝えで、膝折となった様です。
様々な重要な地域への分岐点であり、道が膝(肘)などの折れ道だからという話もあります。

膝折という言葉が縁起が悪いため、東京ゴルフ倶楽部に関わりの深い皇族の、
「朝香宮鳩彦王」から「朝霞」へと地名が改められました。
同じ「朝香」では恐れ多いため、霞(かすみ)が良く出る地域という事から、
「朝香→朝霞」と字が変えられました。

20160926kinenkan_3

ちなみに、東京ゴルフ倶楽部では、ベーブ・ルースもプレイされました。

1941年に、日本陸軍予科士官学校を、市ヶ谷から移転。
首都本部に近くて広い土地として、朝霞が選ばれました。
この、陸軍予科士官学校には、韓国の朴槿恵大統領の父親、朴正煕も学ばれたそうです。

画像の資料館前の石柱は、当時の士官学校時の門柱で、
一枚岩を積み重ねて作られています。 造るの大変そうですね。

20160926kinenkan_4

太平洋戦争が終わり、予科士官学校跡地は、GHQにより接収されて
米陸軍の「キャンプ・ドレイク」が駐屯します。

その後、一時的に自衛隊も共同で使用しますが、全面的に変換されて今に至ります。

振武台資料館内には、当時の貴重な資料や、歴史などの説明が見られます。
士官学校で学ばれた方々の血判が押された、署名も展示されていて、息を飲みます。

屋外には、射程7kmの105mm砲「九九式十糎山砲」があります。
他にも、石碑や記念碑なども見学する事ができます。

20160926kinenkan_5

館内は撮影禁止ですが、陸上自衛隊 広報センターの管理となり、
休館日以外は、来館して申し込むと案内してもらえるツアーをやっています。

広報の隊員同行のツアーが、
11:20~12:15|13:00~13:55|15:20~16:15
自由見学ツアーが、
10:00~11:00|14:00~15:00
<広報センター りっくんランド振武台見学詳細>

無料で、歴史を知り・学べる貴重な施設なので、訪れてみて下さい。

20160926kinenkan_6

こちらは、航空自衛隊 入間基地にある「修武台記念館」です。
陸軍航空士官学校跡地に建てられています。

この綺麗な建物自体は新しく、2012年に建て替えられ開館しました。
陸軍航空士官学校本部を再現されています。

2012年以前は木造の資料館で、入間航空祭などで自由に見学できました。
現在は、隊員の教育を目的としているため、通常は一般の見学はできません。

20160926kinenkan_7

航空祭時には、修武台記念館前の展示航空機は見学できます。
規制線が張ってあり、記念館にはある程度しか近寄る事もできません。

2016年9月26日(月)に、入間基地の募集イベントに応募当選し、
館内を見学する機会がありました。

20160926kinenkan_8

隊員教育と借りている展示資料も多いため、館内は撮影できません。
しかし、航空機を展示している保管庫は撮影ができました。

多人数のツアーで、最初に1階のガイダンスシアターで、15分程の映像を視聴。
航空機発祥の歴史から始まり、戦争に気球・飛行船が使われ、航空機へと発展。

太平洋戦後、ジェット機へと発展して音速を超えて、冷戦へと移っていきます。
アメリカのF-86F、ソ連のMig-15が登場して開発競争になります。

ベトナム戦争が始まり、警察予備隊→保安隊→自衛隊へと変わり、
現在に至るまでの、とても理解し易い内容の資料映像です。

20160926kinenkan_9

館内には、悲しい歴史である、人間ロケット「櫻花(おうか)」を展示。
切断されて展示していて、構造や搭載爆薬の位置や大きさも分かりました。
1971年に切断展示され、日本では入間基地でしか見られません。

当時、陸軍航空士官学校だった頃に、昭和天皇が休憩する部屋「便殿の間」
の入り口扉の実物も展示されていました。

画像の窓は、当時の建物の物で、便殿の間の扉と窓だけ保管されています。
保管庫に窓は置いてあります。

20160926kinenkan_10

1996年には、千葉県 八千代市の田んぼから「二式複座戦闘機」が発見されます。
B-29に特攻して撃墜しますが、共に墜落して、そのまま埋まっていました。

発掘した残骸もバラバラの状態ですが、展示してあります。
軽量化され、薄い金属板でしたので、ブリキの様に薄い素材だった事がわかります。

資料館1階には、地対空誘導弾ナイキアジャックやVADSⅡが展示。
航空自衛隊創成期からの資料が多数あります。

画像の階段は、保管庫に何気なくありますが、
実は天皇陛下が入間基地で、C-1輸送機に搭乗する際に使用された物なんですって。
普通に登る事ができたので、言われるまで凄さに気が付きません。

20160926kinenkan_11

保管庫には他に、T-33A練習機の「アリソン  J-33-A-35エンジン」
が固定されて展示されていました。

記念館内にも、ゼロ戦の「栄11・12式エンジン」など戦前の物から、
F-86のJ47-GE27エンジン、T-4のE-3-IHI30エンジンなど戦後のものまで。

F-86D・F-104の射出座席もありました。

20160926kinenkan_12

この歴史的貴重な保管航空機は「アンリ・ファルマン」です。
1910年型で、徳川好彦大尉・日野熊蔵により飛行された復元機です。

1945年に、米軍に接収されてライトパターソン空軍博物館に収蔵されていました。
1960年に、日米修交100年で返還され、横田基地で組み立て・展示。

2008年までは、神田の秋葉原にあった交通博物館に展示されていました。

20160926kinenkan_13

本体は復元機ですが、プロペラとエンジン周辺機材は、
当時の物がそのまま搭載されています。

2015年には、アンリ・ファルマンの孫にあたる、
ピエール・ファルマン氏が修武台に来館して、本機の設計図を寄贈しました。

その時の、設計図と記念写真が館内には展示されていました。
時を越えて出会えた、とても良い話です。

20160926kinenkan_14

昔から、航空自衛隊を見てきた方々には懐かしい機体だと思います。
「V-107救難機バートル」の最終飛行機です。

展示保管される場合は、エンジンやの搭載装備は外されるのですが、
この機体は、エンジンなどそのままでの保管のため、整備すれば飛行できます。

しかし、退役した機体なので、段々と整備できる人材が減っているとの事です。
数年したら、整備技術や知識を持つ隊員はいなくなるでしょう。

20160926kinenkan_15

ローターブレードは外されていますが、隣に保管されています。
なので、飛べます。 何かの記念に飛行して下さい。

隣に見えるのは、もう1機の展示機です。

20160926kinenkan_16

「F-1支援戦闘機」の初号機です。
こちらも、最終飛行後、武装・エンジンなどそのまま保管しています。

F-2が配備される以前の支援戦闘機なので、
火力演習時に、F-1による対地攻撃を見た方もいるでしょう。

保管庫内は以上ですが、記念館内は実に多くの展示資料があります。

募集応募以外では基本的に見られませんが、
10人以上の団体の場合に、入間基地広報へ問い合わせると見学できるとの事です。
<入間基地 修武台記念館見学詳細>

自衛隊基地・駐屯地の歴史資料に触れて、
戦争を起こした事実と、これからの国防について考える時があっても良いと思います。




陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




アクセスカウンター

    最新トラックバック
    livedoor プロフィール
    • ライブドアブログ