防衛防災広報隊-陸自調査団・分室-

自衛隊を中心に、防衛・防災に関連する内容を掲載しています。 自衛隊での駐屯地創立記念や航空祭、消防や警察、海上保安庁も含む防災訓練などについてもふれていきます。

平成28年度 自衛隊記念日 観閲式|車両部隊①

20161023kanetsu28car_2

2016年10月23日(日)「平成28年度 自衛隊記念日 観閲式」本番。

いよいよ、陸上自衛隊と一部航自衛隊の、車両部隊行進が始まります。
予行と本番を混合して、分かりやすい様にお伝えします。

96式装輪装甲車が先頭で、「国際派遣部隊」の行進です。

20161023kanetsu28car_3

国際派遣部隊の車両は、画像の軽装甲機動車の様に、
装甲や防護板などが追加され、強化された仕様になっています。

車上の搭乗員の、電線などによる負傷防止で、ワイヤカッターも付いてます。

20161023kanetsu28car_4

観閲式に初参加の、輸送防護車です。
オーストラリアの、ブッシュマスター装甲車を輸入購入しています。

MRAPと呼ばれる、IED(即席爆弾)や地雷に対応した車両です。
V型の底部で、下方向からの爆発を、左右に逃がす構造になっています。

20161023kanetsu28car_5

先行して、宇都宮駐屯地の、中央即応連隊に4両配備されています。
今年、車両自体は宇都宮・練馬・火力演習などで公開されています。

車上に、5.56mm機関銃MINIMI搭載状態は、初めて見ました。

20161023kanetsu28car_6

「偵察部隊」の行進。

地上偵察の際に、小型で機動性に優れた働きをする、偵察オートバイです。
ホンダ車両から、現在はカワサキの車両へ更新されています。

20161023kanetsu28car_7

威力偵察を行う、主砲に25mm機関砲を装備した、87式偵察警戒車

偵察オートバイの情報を元に、装甲化された車両でより敵近くに前進して、
機関砲や同軸機関銃で応戦しながら偵察します。

20161023kanetsu28car_8

「普通科部隊」の行進が開始。

89式装甲戦闘車は、戦車の様な見た目ですが、機甲科ではなく、
強力な機関砲を搭載した、普通科の兵員輸送車です。

35mm機関砲や、79式対舟艇対戦車誘導弾を搭載しています。

20161023kanetsu28car_9

先頭を行進していた、96式装輪装甲車です。
この車両には、96式40mm自動擲弾銃が搭載されています。

20161023kanetsu28car_10

こちらは、12.7mm重機関銃M2搭載です。

両方共、徒歩部隊を支援する強力な火器で、
擲弾銃は車両へも攻撃可能な、グレネードランチャーです。

M2は非常に信頼性のある機関銃で、対空射撃も可能です。

20161023kanetsu28car_11

高機動車に牽引されているのは、普通科部隊最大の火砲、120mm迫撃砲RT

通常弾でも約8kmの射程があり、放物線を描いて敵上方から攻撃します。
装甲の薄い車両上部へ、対戦車迫撃砲弾を撃ち込めば、装甲車両も撃破可能です。

20161023kanetsu28car_12

96式多目的誘導弾システムで、戦車や船舶へも攻撃可能な装備です。

高機動車搭載で機動性もありますが、システムが高価過ぎて、
全国の普通科部隊へ、多く配備する事ができませんでした。

20161023kanetsu28car_13

それに変わって教訓を活かして開発された、中距離多目的誘導弾

後部コンテナには6発の誘導弾が収納され、
標定・誘導・発射を1両にまとめられています。

赤外線・レーザー・慣性誘導を併せ持ち、隊員の生存性も確保された装備です。

20161023kanetsu28car_14

「即応予備自衛官部隊」です。

高機動車に乗車した隊員達は、非常勤の国歌公務員で、
防衛・災害などの招集時には、第一線部隊の隊員達と共に活動します。

20161023kanetsu28car_15

決められた日数の訓練も行い、通常は一般企業に務める方々です。

災害派遣時にも招集されるため、
後続には資材運搬車や野外炊具を牽引した車両が行進しています。

20161023kanetsu28car_16

「予備自衛官部隊」です。

非常時には、出動した隊員に代わって、駐屯地の警備などを行います。
予備自衛官・即応予備自衛官・予備自衛官補と、3つの制度があります。

予備自衛官制度について(陸上自衛隊サイト)

20161023kanetsu28car_17

「施設科部隊」です。

掩体構築や道路の整備などの土木から、
地雷などの障害処理などを行う部隊です。

20161023kanetsu28car_18

92式地雷原処理車は、73式牽引車をベースに開発され、
後部には、2発の処理ロケット収納の、コンテナを搭載しています。

ロケットに繋がれたワイヤーに、多数の爆薬を接続して、
地雷原へ落下後に、起爆して障害処理を行います。
火力演習や東千歳駐屯地などで、ロケット投射が実際に見られます。

20161023kanetsu28car_19

81式自走架柱橋は、架柱のある橋を河川に架けて、車両を通過させます。

1両で10m、1セット60mの橋を構築します。
対応重量が42t以下なので、74式戦車までなら通過可能です。

20161023kanetsu28car_20

92式浮橋は、7tトラックに河川に浮く橋を搭載しています。

画像のは橋節運搬車で、河川に投下した橋節を、
動力ボートで押して橋として並べます。
この装備は、60tまで通過可能なので、90式戦車も使用できます。

20161023kanetsu28car_21

07式機動支援橋は、最新の架橋装備で、画像は橋節を供給する架設車です。

ガイドビームを対岸まで伸ばし、そこへ橋節を乗せて繰り出していきます。
最大60tまでの、車両が通過可能な橋を構築します。

20161023kanetsu28car_22

こちらが、07式機動支援橋の橋節運搬車です。
もう一つ、ビーム運搬車があって、3種類がセットで橋を架けます。

最大で60mの橋を架けられ、81式自走架柱橋とは異なり、
架柱を必用としないので、柱設置部分に影響されずに橋が作れます。

施設科までですが、この後も車両行進は続きます。



陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




平成28年度 自衛隊記念日 観閲式|空挺降下~飛行部隊

20161107kanetsu_h28_1

2016年10月23日(日)「平成28年度 自衛隊記念日 観閲式」本番。

当日行われた、装備品展示や式典での栄誉礼などを紹介しました。
式典後に、観閲行進準備に入り、観閲部隊が行進位置へ移動します。

部隊の移動中に、上空にUH-1Jが飛来し、
空挺部隊の隊員が3名、自由降下を行いました。

20161107kanetsu_h28_2

青空の中、自由降下傘により、会場中央へと降下しました。
地上へ到達した隊員達は、降下傘をまとめて観閲官へ敬礼!

観閲行進にも参加している、習志野の第1空挺団による空挺降下でした。

20161107kanetsu_h28_3

続いて、観閲台から見て左方向から、2機の航空機が進入してきます。
「新配備される航空機の試験飛行」が行われます。

C-1の後継として開発された、C-2輸送機です。
同伴して、銀色のC-1FTBが飛行しています。

20161107kanetsu_h28_4

航空自衛隊 岐阜基地の飛行開発実験団で、開発・試験されている機体です。
C-1よりも、後続距離や積載量も増えて、大型化されています。

10月23日の同日に行われている、
入間基地での米空軍参謀等の招へい行事でも、飛行しております。

20161107kanetsu_h28_5

陸海空合同音楽隊を先頭に、「徒歩部隊」が行進します。

予行時と行進の順番は同じですので、全部隊は紹介しません。

20161107kanetsu_h28_6

音楽隊→観閲部隊本部→防衛大学校学生隊→防衛医科大学校学生隊→
高等工科学校生徒隊→陸自 普通科部隊→陸自 空挺部隊→
海上自衛隊部隊→航空自衛隊部隊→女性自衛官部隊

20161107kanetsu_h28_7

徒歩部隊に続いて、「飛行部隊」が進入します。

観閲飛行部隊 指揮官機の、CH-47JAが通過します。
航空部隊指揮官の、第1ヘリコプター団長 陸将補が搭乗します。

20161107kanetsu_h28_20

観測ヘリ OH-6Dの、5機編隊の飛行。

飛行禁止により、未だに後継機のOH-1の飛行が見られません。
観閲式では、飛行してくれる事を願っていました。

20161107kanetsu_h28_8

多用途ヘリ UH-1Jの5機編隊。

UH-1Hも、まだ多く使用されていますが、発展系のJ型は、
基本性能も向上して、コブラと同じ出力の高いエンジンを搭載しています。

20161107kanetsu_h28_9

J型搭載エンジンの、対戦車ヘリ AH-1Sコブラの5機編隊。

コブラも進化していて、「C-NITE(シーナイト)」と呼ばれる、
各種赤外線装置搭載の、夜間戦闘能力を持つタイプが製造されています。
今でも主力の戦闘ヘリです。

20161107kanetsu_h28_10

多用途ヘリ UH-60JAの5機編隊。

米軍のブラックホークの陸上自衛隊仕様で、60は根強いファンが多いです。
津波や河川氾濫などの、災害派遣でも多くの活躍を見る様になりました。

20161107kanetsu_h28_11

戦闘ヘリ AH-64Dアパッチ・ロングボウの2機編隊。

対地攻撃性能が高く、コックピットを覆う装甲により生存性も高い機体です。
非常に高価などもあって製造は終わり、コブラの後継にはなれていません。

もっと多く配備できれば、活用の機会も増えるのに。

20161107kanetsu_h28_12

指揮官の搭乗した機体と同型の、輸送ヘリ CH-47J/JAの6機編隊。

JA型はJ型よりも、機体側面のタンクが2倍に増えて後続距離も長いです。
機体先端が黒くて、側面の膨らみが大きいのが、見た目の違いです。

20161107kanetsu_h28_13

連絡偵察機 LR-2の3機編隊。

MUー2を使用したLR-1が退役したので、
陸上自衛隊では唯一の、固定翼機になってしまいました。

海上自衛隊でも、LC-90として同型機が使われています。

20161107kanetsu_h28_14

海上自衛隊部隊、対潜哨戒機 P-3Cの2機編隊。

鹿児島県の鹿屋基地から、わざわざ飛行して来てくれています。
試験飛行したC-2と同じく、哨戒機のP-1も開発されています。

関東では、千葉県の下総航空基地の記念行事で見られます。

20161107kanetsu_h28_15

海上自衛隊  多用途機 U-36Aの単機飛行。

艦艇の射撃訓練時の、標的曳航などにも使用される航空機です。
海上自衛隊の昔の救難機も、こんな色をしていましたね。

20161107kanetsu_h28_16

航空自衛隊飛行部隊、輸送機 C-130Hの3機編隊。

ハーキュリーの名前で聞かれる、アメリカのロッキードの機体です。
迷彩塗装の機体が飛行しましたが、海外仕様の水色も見られます。

20161107kanetsu_h28_17

航空自衛隊 支援戦闘機 F-2の3機編隊。

F-16に見た目が似ている、日米共同開発の機体です。
複座機のF-2Bも教育用としてあり、見られたら貴重です。

20161107kanetsu_h28_18

飛行部隊最後は、航空自衛隊 要撃戦闘機 F-15Jの3機編隊です。
領空侵犯から日本の空を守っている、防空の要となる航空機です。

茨城県の百里基地が、F-4ファントムの基地になり、
F-15が居なくなったのは、少し残念です。

20161107kanetsu_h28_19

飛行部隊に続いて、車両部隊が行進を開始します。
車両部隊は、陸空の多くの種類の車両が行進します。
予行時の写真と併せて、紹介していきます。


陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




平成28年度 自衛隊記念日 観閲式|本番の式典と展示内容

20161025h28rev_sdf_1

観閲式 方面統一訓練の内容を、お伝えして来ました。

2016年10月23日(日)「平成28年度 自衛隊記念日 観閲式」本番にも、
行く事ができたので、予行と本番の内容を併せて掲載していきます。

当日は、無料シャトルバスで朝霞駅から会場へ向かいましたが、
朝霞訓練場周辺の道路には、朝から警察官と警備車両が多数。
総理大臣などの要人が多数来るため、予行とは比べ物にならない物々しさです。

20161025h28rev_sdf_2

来場者の出足も早く、7時でもスタンド席に人が多く、
8時30分頃には、緑券のスタンドは満席でした。

席確保後に、装備品展示へ向かい、「16式機動戦闘車」を発見!
本番では、ちゃんと実機が展示されていました。
降下訓練始め、富士学校、火力演習に続いて、今年出会えたのは4回目です。

20161025h28rev_sdf_3

観閲行進後に、米陸軍のストライカー旅団の祝賀行進が行われます。
その、「装輪装甲車M1126 ストライカー」も展示されています。

エンジンを始動させてくれたり、米軍人さんと記念写真を撮ったりしていました。
車体上部には、機銃を遠隔操作できる、カメラ付き銃座を備えます。

C-130輸送機で空輸できたり、105mm砲を搭載したタイプなどもあります。

20161025h28rev_sdf_4

ストライカーだけでなく、装甲車回収車両も展示されています。
「M984A4 ヘミット」で、クレーンやウインチなどを搭載しています。

アウトリガーや燃料タンクなど、自衛隊車両よりも無骨な感じです。
この大型回収車両も、C-130輸送機に搭載できます。

20161025h28rev_sdf_5

アメリカの軍用車両と言えば、こちらの車両をイメージします。
「M1152 ハンヴィー」で、砂漠のデザートカラーです。

モデルSECMのハンヴィーで、車両などを修理する器材や、電源を搭載します。
サービスステーションとして使用される車両です。

20161025h28rev_sdf_6

需品装備エリアにある、野外炊具1号(改)では、
おしるこを作って、来場者に振舞っていました。

私は、式典や音楽演奏後にこちらへ訪れましたが、
疲れた体に流れ込む、程よい甘さのおしるこが、体に染みました。

20161025h28rev_sdf_7

観閲式の本番ともなると、地本キャラ達も沢山来ています。

東京地本「トウチ君」、神奈川地本「はまにゃん」、埼玉地本「サイポンりく・かい・くう」
千葉地本「千葉三兄弟|衛・未来・翔」と、ピクルス王子・パセリちゃんです。

バラバラで広報活動されていましたが、閉門近くになって、
99式自走155mm榴弾砲前に集合して、撮影会が行われていました。

20161025h28rev_sdf_8

予行の時から話題の、掩体壕での装備品展示。
74式戦車が車体を隠して、105mmライフル砲が敵を狙っています。

それぞれの展示では、掩体壕構築を行った部隊名もパネルに記載されています。
戦車壕は「第1機甲教育隊」で御殿場の駒門駐屯地の部隊です。

20161025h28rev_sdf_9

砲掩体には、155mm榴弾砲FH-70が支援射撃の態勢を整えています。
射向を調整する、パノラマ眼鏡と照準コリメータとの関係も見られました。

FH-70周辺には、弾薬壕や人員壕も見られました。
こちらは、北富士駐屯地の「第1特科隊」作成です。

20161025h28rev_sdf_10

掩体の通路を進んで階段を降り、中に入れる掩体もありました。
この窓から機関銃を射撃する、機関銃掩体です。

予行の時には、壊れてしまい途中で公開が中止になり、見られませんでした。

御殿場の板妻駐屯地所属の「第34普通科連隊」制作です。
板妻の創立記念での訓練展示は、普通科部隊が大活躍でカッコいいです。

20161025h28rev_sdf_11

予行の際は、観閲台後方スタンドに座っていました。
本番では、観閲台から遠く、行進車両が待機する前の、緑スタンドです。

ここからは、観閲部隊の入場を前方から見られて、凄かったです。
大部隊がこちらへ進んで来る様で、横からみた行進とは違う光景です。

今回参加する観閲部隊は、総勢3892人です。

20161025h28rev_sdf_12

特別儀仗隊も、甲武装の礼服を着用しています。
予行での作業服とは違って、M1ガーランド銃も似合います。

第302保安警務中隊は、この姿がいいです。
制服って大切なんだなと感じます。

20161025h28rev_sdf_13

観閲式を行う方々も高官ばかりで、観閲部隊指揮官は第1師団長
執行者は東部方面総監・陸将、実施責任者は陸上幕僚長・陸将です。

主催者は、稲田朋美 防衛大臣、観閲官は安倍晋三 内閣総理大臣です。

画像中央の赤い台に登壇しているのが、安倍総理と稲田防衛大臣です。

20161025h28rev_sdf_14

観閲台からは遠いですが、巡閲で車上の姿を近くで見れました。

巡閲を行う、自衛隊最高指揮官・安倍総理です。
左胸に右手(帽子)を添えて、部隊の敬礼に対して答礼を行います。

20161025h28rev_sdf_15

後続の車両に、稲田防衛大臣の姿を確認できます。

2013年の観閲式も安倍総理でしたので、ここで見るのは2度目です。
稲田防衛大臣は、火力演習でも見ていないので、初めて目にしました。

20161025h28rev_sdf_16

安倍総理の訓示は、安全保障や隊員の方々の話し、
これから日本が国際貢献していく重要性など、多くを語られました。

訓示後には、第101不発弾処理隊、護衛艦こんごう等、
航空監視部隊へ、表彰を行いました。
総理大臣自ら、各部隊へ賞状と盾が送られていました。

20161025h28rev_sdf_17

この後の、行進や展示なども、予行を併せて掲載していきます。

天候にも恵まれ、空挺降下や米軍の行進や飛行もあります。
最後には、ブルーインパルスの展示飛行もあります。


陸上自衛隊応援サイト
「陸自調査団」



Twitter「陸自調査団」分署



サイディング塗り替え、修理、リフォームは
「リフォームにゃんぷ~さん」




アクセスカウンター

    最新トラックバック
    livedoor プロフィール
    • ライブドアブログ